ソ・ヒョンジン&アン・ソンギ、映画「カシオペア」出演決定 9日にクランクイン


  • Artist company、MANAGEMENT SOOP

俳優のアン・ソンギとソ・ヒョンジンが『カシオペア』に出演する。

アン・ソンギとソ・ヒョンジン、シン・ヨンシク監督の美しき出会いが話題となっている映画『カシオペア』が9日にクランクインし撮影が始まった。『カシオペア』は弁護士、母、娘として完璧な人生を生きようと努力するスジンと切ない父イヌの人生の真ん中に突然訪れた痛みを描いた作品だ。

言葉の要らない人気俳優のアン・ソンギが『カシオペア』でイヌ役を演じソ・ヒョンジンと親子として呼吸を合わせる。アン・ソンギとソ・ヒョンジンは『カシオペア』を通じて初めて呼吸を合わせる。信頼できる新旧の有名俳優たちのシナジー効果に対する期待を倍増させる。

『また!?オ・ヘヨン 〜僕が愛した未来』、『浪漫ドクターキム・サブ』、『愛の温度』、『僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~』、『ブラックドッグ~新米教師コ・ハヌル~』、そして最近放送された『君は私の春』まで出演する作品ごとに深い印象を残し名演技を披露する「信頼できる女優ソ・ヒョンジン」が『カシオペア』を通じて久しぶりにスクリーンに復帰する。

ソ・ヒョンジンは『カシオペア』で成功的なキャリアを築いていく弁護士スジン役を演じ、アン・ソンギと切ない父娘の姿を、娘として出演する『我が家』の子役チュ・イェリムとは温かい母娘の姿を披露し多様な感情を表現する予定だと期待を集めている。

『カシオペア』の演出は『空と風と星の詩人〜尹東柱の生涯〜』の脚本と『不器用なふたりの恋/フェア・ラブ』、『ロシアン小説』、『鳥類人間』、『俳優は俳優だ』、『フランス映画のように』、『ローマ書 8:37』、そして最近、ソン・ガンホ主演の『1勝』の撮影を終えて優れた筆力と繊細な演出力を認められたシン・ヨンシク監督が担当した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-09-15 13:13:04