元B.A.Pのバン・ヨングク、個人事務所を設立「モデルや演技など活動領域広げる」


  • CONSENT

グループB.A.P出身のシンガーソングライター、バン・ヨングクが個人事務所「CONSENT」を設立した。

バン・ヨングクは15日、個人SNSアカウントを介して個人事務所であるCONSENT設立のニュースを知らせ、本格的なソロ活動を予告した。

バン・ヨングクはアンダーグラウンドヒップホップシーンで音楽活動を開始、2011年にソロ曲「I Remember」でデビューした後、アイドルグループB.A.Pのリーダーでありメインラッパー、プロデューサーとして活躍してきた。

2019年、初のソロアルバム『BANGYONGGUK』を発表したバン・ヨングクは5カ国のヨーロッパツアーを成功裏に終え、ソロアーティストとしてグローバル市場での可能性を見せただけでなく、エッセイを出版して作家としての力量を証明し、様々な魅力で大衆を魅了してきた。

また、直接企画・制作したドキュメンタリー映画を公開したバン・ヨングクは、DMZ国際ドキュメンタリー映画祭のオープンシネマ上映に選定されるなど、アイドルグループ出身のミュージシャンとして初の本格ドキュメンタリー作品を披露して話題を集めた。

特に、バン・ヨングクはB.A.Pのアルバムを通じて見せた優れたプロデュース能力と作家としての様々なキャリアをもとに、6月にデビューした新人ボーイグループ「JUST B」のアルバムをプロデュース、成功的なデビューを導いて再び優れた音楽的力量を立証した。

去る5月に兵役を終え、多くのラブコールを受けながらも直接事務所を設立したバン・ヨングクは今年の下半期に披露するカムバックアルバムと、様々な国内外の活動の準備に拍車をかけており、最近、世界的企業ワーナーミュージックグループ傘下の音楽レーベル「ADA」と独占販売契約を締結し、ワーナーミュージックコリアと一緒にグローバル市場を攻略する予定だ。

CONSENTの関係者は「独自の音色と音楽的カラーで多くの愛を受けている多才なアーティストバン・ヨングクの新しいアルバムと活動について多くの期待と関心をお願いしたい」と伝えて「今後、ミュージシャンとしてのキャリアだけでなく、モデル、演技まで、活動領域を広げる計画だ」と明らかにした。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-16 08:34:54