防弾少年団、国連総会で演説とパフォーマンス 青年・未来世代のメッセンジャーに


  • Big Hit Music

「世界が止まったと思いましたが、少しずつ前に進んでいます。すべての選択は変化の始まりだと信じています」

防弾少年団が「未来世代と文化のための大統領特別使節」として第76回国連総会に出席し、未来世代の考えと話を全世界に伝えた。

防弾少年団は20日午後9時(米国時間午前8時)に開催された国連総会特別イベント「持続可能な開発目標(SDG)モーメント」開会セッションで青年と未来世代を代表して講演を行った。

2018年と2020年に続き今年で3度目の国連演説を行った防弾少年団は、今回は未来世代の声そのものを全世界に伝えるメッセンジャーの役​​割を果たした。国連総会場でメンバー全員が韓国語で演説した。

■「青年世代・未来世代のメッセンジャー」防弾少年団の演説

防弾少年団は国連総会への出席に先立ち、公式SNSに「皆さんにとって、これまでの2年間はどうでしたか?今どのような世界を生きていますか?」と尋ね、未来世代の話を聞いた。全世界から様々な話があふれ、防弾少年団は実際にSNSを介して配信された写真とコメントを紹介し、未来世代に代わって声をあげた。

国連総会場で開かれた「持続可能な開発目標(SDG)モーメント」開会式で演説したムン・ジェイン大統領の紹介を受け、表彰台に立った防弾少年団は自然と一緒に姿を収めた写真、気候変動など環境についての未来世代の考え、新しい方法で友人と会い、勉強を始め、より健康に生きていくために努力する彼らの話などを紹介しながら共感し、感心した。

防弾少年団は勇気を出して挑戦している未来世代の話に「コロナによる「ロストジェネレーション」ではなく「ウェルカムジェネレーション」という名前がふさわしい。変化を恐れるより「ウェルカム」と言いながらこれからを歩いていく世代という意味」だと強調した。彼らはワクチン接種の重要性にも言及しながら「すぐに顔を直接見て会う日が来るだろう」とし「すべての選択は変化の始まりだ。新たに始まる世界でお互いに「ウェルカム!」と言えたらうれしい」と演説を締めくくった。

■ UNを背景に行われた「Permission to Dance」パフォーマンス



防弾少年団は演説に続き、パフォーマンスも披露して全世界の人々の注目を集めた。メンバーたちは国連総会の会議場から始まり、総会のロビー、庁舎入口、芝生広場を順番に巡り、7月9日に発売した「Permission to Dance」を熱唱した。

黒いスーツ姿の防弾少年団は終始明るく軽快にパフォーマンスを繰り広げた。特に、7人のメンバーが7つのそれぞれの異なる国連庁舎の出入口を通じて屋外に舞台を移した後からは「Permission to Dance」特有の自由奔放で溌刺とした魅力が一層引き立って見えた。

芝生広場でパフォーマンスを披露した曲の後半部には数多くのダンサーが参加して華やかなビジュアルを誇った。防弾少年団はダンサーたちと一緒に「楽しい」「踊ろう」「平和」を意味する国際手話を活用した振り付けで、第76回国連総会を盛り上げた。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-21 07:56:09