ASTROジンジン、新型コロナに感染 動線が重なったムンビン&ユンサナは陰性


  • スタートゥデイDB

グループASTROのジンジンが新型コロナウイルスの確定診断を受けた中で動線が重なったムンビンとユンサナが陰性判定を受けた。

ASTROの所属事務所Fantagioは20日、ファンカフェに「今月19日、所属アーティストASTROのムンビン、ユンサナと動線が重なったジンジンの新型コロナウイルス確診判定により直ちにPCR検査を行った。これに対し20日午前、ムンビンとユンサナは陰性判定を受けた」と明らかにした。続いて「防疫当局から新型コロナウイルスの密接接触による隔離対象者に分類され予定されていたすべてのスケジュールを直ちに中断し隔離を行うことになった」とし「多くの方々に、ご心配をおかけしたことを改めてお詫び申し上げる」と付け加えた。

最後に「今後も当社は防疫当局の指針を誠実に履行し今後の活動再開を決定する計画でありアーティストの健康と安全に最善の努力を尽くす」と伝えた。

ジンジンは16日に体調不良でPCR検査を行った。陰性判定を受けたが18日に再び健康面に異変を感じて再検査を受け19日に確診判定を受けた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2021-09-20 18:00:29