ミン・ジヨン、がん手術を控えてライブ配信「夫は軟膏も買ってくれない」


  • スタートゥデイDB

甲状腺がんの診断を受けた俳優ミン・ジヨン(42)が手術を控えた心境を伝えた。

ミン・ジヨンはがん手術のために入院する前日の21日、インスタグラムのライブ配信を介してファンと2時間のあいだコミュニケーションした。最近、甲状腺がんの判定を受けたと明かしたミン・ジヨンは「私はがんのある部分を切開する手術を受けるので、がんセンターに行くのではない」と話を切り出した。

続いて「少し怖くもある。正常な皮膚を切開して甲状腺を抜き取ると考えると心配になる」としながらも「すぐに回復して皆さんの前に現れるので心配しないで」と笑顔を浮かべた。降り注ぐファンの温かい応援に「この遅い時間に私と一緒に過ごしてくれることがプレゼントだ。感謝する」と感動の涙を見せた。

それとともに「うちの夫よりましだ。夫はまだ私に何も買ってくれていない。傷跡のための軟膏も、退院するときに巻くスカーフも一つも買てくれていない」と空しさを吐露した。

ミン・ジヨンはまた「特定の状況が生じるまで前もって怖がらないほうが方が良い。どうなろうと希望を失わないようにしよう。私が落ち込んだら勝ち抜く力も抜けるようだ。健康でいましょう」と希望的なメッセージを伝えたりもした。

その後、ミン・ジヨンはライブ配信の映像と共に長文のコメントを掲載してもう一度感謝の気持ちを伝えた。

ミン・ジヨンは「入院を控えて皆さんと一緒に笑って泣いておしゃべりをしたら気持ちがが本当に良くなった。夜遅くだったので私もちょっと忙しなく、落ち着きのないライブ配信だったけど、今日も友達のように、姉のように、妹のように皆さんと一緒に過ごした時間。とても楽しく幸せで感謝する」と感謝した。

ミン・ジヨンはKBS2『夫婦クリニック 愛と戦争』で名前を知らせた俳優で、2018年にテレビショッピングの司会者キム・ヒョンギュンと結婚した。ミン・ジヨンは去る13日、甲状腺がんの手術を控えている事実を公開していた。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-23 07:41:39