チョン・ジヒョン&チュ・ジフン「智異山」、10月23日の初放送が決定


  • tvN

tvN15周年特別企画『智異山』が10月23日(土)の初放送確定とともにティーザー映像第2弾を公開した。

tvN15周年特別企画『智異山』(脚本キム・ウニ、演出イ・ウンボク、制作エーストリー、スタジオドラゴン、パラムピクチャーズ)は智異山国立公園最高のレンジャーソ・イガン(チョン・ジヒョン)と秘密を抱えた新人レンジャーのカン・ヒョンジョ(チュ・ジフン)が山で起きる疑問の事故を暴きながら繰り広げられる話を描いたミステリードラマだ。

キム・ウニ作家、イ・ウンボク監督、チョン・ジヒョン、チュ・ジフンというドラマファンなら見逃せない「作監俳」(作家、監督、俳優)の組み合わせで話題の中心に立つ中、ティーザー映像第2弾を通じて興味津々な見どころを予告し、さらに注目を集めている。

まず智異山を守る最高のレンジャー、ソ・イガンが「御命です」という力強い叫びとともに愉快な登場を知らせる。突然、かわいいウィンクをしたり派手な羽のマフラーを巻いて歌うシーンは、まさに何をし出すか分からない魅力をうかがわせる。また、仲間からは「山の怨霊」と呼ばれるほど山に詳しいのに「俺は山と言われると嫌気がさす!」と白を切るソ・イガンが、どのような性格と事情を持つ人物なのかも期待が高まる。

そんな彼女の隣にぴったりくっつく新人レンジャーのカン・ヒョンジョは「私たちは誰ですか?智異山の糸と針ではないですか」とパートナーシップを誇り一緒に山を守り遭難者を救出する2人の呼吸にも好奇心がわく。

しかし、突然2人を探す無線機の音と「遭難だ」という事件発生の知らせは雰囲気を一変させる。「この世とあの世の境界」に置かれたかもしれない遭難者たちと彼らを救うために急いで山に登るソ・イガンとカン・ヒョンジョ、2人の切羽詰った表情は、すでに手に汗を握らせる。

特に携帯電話の上に落ちた血痕、黒い手袋をはめた手、倒れた誰かなど意味深長な姿とともに「誰かがあの山の上で人々を殺している」という恐ろしい言葉が続き、深い緊張感を与えている。果たして智異山で起きる死の裏にどんな真実が隠されているのか、単純な「遭難」では説明できないもう1つの何かが存在するのか期待が高まる。

このように1つずつベールを脱ぐたびに、さらに待ち焦がれるtvN15周年特別企画『智異山』は、10月23日(土)夜9時に初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-09-23 08:44:37