ジェシカが現在の心境を吐露「少女時代を辞めたいと思ったことは一度も無い」


少女時代のメンバージェシカが自らグループを脱退したというSMエンターテイメントの主張について自身の立場を明かした。

ジェシカは1日午前、報道資料を通じて「29日所属事務所から少女時代を出て欲しいという退出通告を受けることとなり、これと関連してとても困惑し傷ついた気持ちを隠すことができず、私の立場を明かそうと思う」と口を開いた。続けて「これまで少女時代のメンバーの一員として私個人の私生活や、事業に先立って少女時代の活動を最も優先視してきた」としながら「しかし、チームのための努力と献身にもよらず、所属事務所からチームから出て欲しいと通告を受けた」と主張した。

ジェシカは「以前から個人的に関心が高かった事業を計画しながらSM所属事務所とメンバーたちに事業準備段階から最近まで数回に渡って事業について十分に議論し理解を求めてきた」とし「去る8月初めにBLANC事業ローンチの時までSM所属事務所から事業並行に対する同意と許可を受け、メンバーたちからも祝福を受けて事業を開始した」と事業準備段階で問題はなかったと明かした。

彼女は「しかしローンチから僅か1ヶ月となる9月初めにメンバーたちは突然立場を変えて会議を招集、正当な理由もなく事業を止めるか、少女時代を離れるか二択しろという要求をしてきた」とし「これに所属事務所から許可をもらっており、これまで少女時代の活動を疎かにしたことはなく、BLANCローンチ初期1ヶ月に渡って締結された関連事業パートナーとの契約によって事業を中断できない事情について説明した。結果的に、選択することは不当な要求だと訴えた。少女時代のメンバーとなったことは私の人生最高の出来事であり、これを辞めたいと思ったことがなかったためだ」と悔しさを訴えた。

ジェシカは「困惑した私は先月16日所属事務所代表と会い、上記と同じように私の立場を伝え、その席にて所属事務所から事業並行に対する許可を再確認した。しかし先月29日所属事務所から少女時代を出て欲しいという一方的な通告を受けた。これにより翌日30日の予定されていた中国深センでのファンミーティングイベントにも参加できなくなり、その後すべての少女時代の活動から除外された」とファンミーティングイベント不参加の理由を説明した。

彼女は「何よりも私が情熱と愛情をかけてこれまで15年以上共にした同僚メンバーたちと会社側から私が事業をするという理由で少女時代を出るように要求した点にとても大きな傷を受け、残念な気持ちを隠すことができない」と現在の心境を表した。

ジェシカは「本意ではなくファンの方たちにもご迷惑をおかけした点が申し訳ない」とし「このような状況は決して私が望んでいたことではないことを了承いただきたく、いつも少女時代を大切にして来て、これからもそうするもの」だとし「いつも惜しみない応援をしてくださり愛してくださって感謝しています」と最後の言葉を伝えた。
  • シークニュース_チェ・ジョンウン記者/写真=イ・ミファ記者
  • 入力 2014-10-01 10:08:51