防弾少年団、コールドプレイとのコラボ曲「My Universe」作業過程を映像で公開


  • Big Hit Music

グループ防弾少年団とコールドプレイ(Coldplay)がコラボレーションした曲「My Universe」の作業過程がおさめられたドキュメンタリーが公開された。

防弾少年団は去る26日午後、公式YouTubeチャンネルに「My Universe」のドキュメンタリー映像を公開した。このドキュメンタリーにはコールドプレイのフロントマンであるクリス・マーティン(Chris Martin)との出会いをはじめとし、「My Universe」の録音現場やインタビューなどがこめられている。笑いが絶えない録音スタジオでの様子、そして防弾少年団とクリス・マーティンの率直なインタビューが全世界のファンたちの注目を集めた。

「My Universe」のドキュメンタリーは録音スタジオで音楽作業をしているクリス・マーティンの姿で始まる。彼は「防弾少年団から曲作業を一緒にしたいという話を聞いた。ある日、友人が「My Universe」という言葉を口にしたが、素敵なタイトルだと思って書き留めておいた。友人に「防弾少年団のためのガイドを作ってみよう」と提案した」とコラボレーション曲誕生の背景を紹介した。

以降、クリス・マーティンは新型コロナウイルスの状況により国境を越えた移動に制約が多いにも関わらず「My Universe」の作業のために韓国を訪れ、防弾少年団と会って録音を行った。防弾少年団はコールドプレイとのコラボレーションについて「僕に大きな影響を与えた人」、「不思議だ」と感激する様子を見せた。

防弾少年団とクリス・マーティンは録音中、明るく笑って音楽の話を交わした。クリス・マーティンは「「My Universe」は愛の力はすべてを超越できると歌う」と「現在、僕らは国境で分かれていたり、一緒にいることができないが、この曲を介して、そのどれもが愛の力を防ぐことができないということを伝えている」と説明した。 「My Universe」の曲作業に参加して韓国語の歌詞を重ねた防弾少年団は「いつかARMYと会える日を考えながら(歌詞を)書いた」と紹介した。

録音は最初から最後まで楽しい雰囲気の中で行われ、防弾少年団の7人のメンバー全員がそれぞれの個性を生かして収録を終えた。また防弾少年団とクリス・マーティンが一緒にサビを歌って録音する場面も公開された。

クリス・マーティンは「夢が叶ったようだ」と満足した。防弾少年団も「もし再び公演をすることになれば感動を超えて感激しそうだ」、「僕らの公演でも、コールドプレイの公演でもこの曲を一緒に歌うことができれば、それほどコロナストレスのようなものをすべて吹き飛ばせる瞬間があるだろうか」と話した。 「My Universe」のドキュメンタリーは、幸せな表情で録音するクリス・マーティンと防弾少年団の様子、彼らの率直な感想で締めくくられた。

防弾少年団は最近、大統領特使として第76回国連総会に出席するため米国を訪問した時もコールドプレイと会って音楽的に交流し、ファンたちの関心を集めた。

一方、「My Universe」は24日に公開され、この曲は来月15日に発売されるコールドプレイの9thアルバム『Music Of The Spheres』に収録される予定だ。

  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-27 08:05:18