「I-LAND2」でENHYPENの妹グループを募集 世界7地域でオーディション開催


  • BELIFT LAB

CJ ENMとHYBEが世界的なボーイグループENHYPENの後に続く、次世代K-POPガールグループを探す。

両社の共同プロジェク「I-LAND2」が27日、ティーザー映像を公開して志願者の募集を開始した。「I-LAND2」で誕生する次世代ガールグループはENHYPENと一緒にBELIFT LABの所属として活動することになる。

今回のオーディションは国籍に関係なく2000年1月1日以降、2009年12月31日以前に生まれた女性であれば誰でも応募可能だ。

募集期間は韓国時間で9月27日正午から10月10日の夜中0時までだ。BELIFTLABオンラインのホームページから志願できる。自己紹介と応募分野の映像を必須で提出しなければならない。

書類通過者を対象に10月の韓国をはじめとして日本、ベトナム、オーストラリア、タイ、米国など世界7地域で順次にオーディションを進行する。放送は来年上半期を予定している。

昨年6月から9月まで、音楽チャンネルMnetで放送された『I-LAND』は次世代K-POPアーティストが誕生する過程を描いた観察型リアリティー番組。『I-LAND』は放送期間中、YouTubeなどのグローバルオンライン生中継の累積視聴数が4400万回以上を記録し、デジタルクリップの再生回数は1億8,600万回を達成、世界中の181の国と地域からグローバル投票に参加するなど、世界中の視聴者が7人で構成されボーイグループENHYPENの誕生過程を見守った。

ENHYPENはグローバルファンの高い関心の中、昨年11月30日に『BORDER : DAY ONE』を発表してデビューした。

GAONチャートによると、『BORDER : DAY ONE』は発売日の一日で合計31万8528枚の売り上げ枚数を記録したが、これは2020年にデビューしたグループ基準で最高の記録だ。

2ndアルバム『BORDER : CARNIVAL』で米国ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」18位にチャートインしたのに続いて、日本のオリコン週間アルバムランキングで2週連続1位に輝いた。何よりもデビュー後に発売された、わずか2枚のアルバムだけで累積アルバム売り上げ枚数が100万枚(GAONチャート基準)を達成する快挙を記録するなど、歴代級の成長でグローバル音楽市場で注目されるK-POPアーティストに成長した。

CJ ENMとHYBEがコラボする最初のガールグループのプロジェクトを介して、ENHYPENに続く次世代K-POPアーティストが誕生するのかが注目されている。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-27 10:27:06