「ランニングマン」、キム・ヨンギョンなど女子バレーボール国家代表選手が大活躍


  • SBS放送画面キャプチャ

東京五輪女子バレーボール国家代表チーム選手たちがランニングリーグに参加した。

26日に放送されたSBSバラエティ番組『ランニングマン』では東京五輪女子バレーボール国家代表チームの活躍ぶりが放送された。

この日、東京五輪女子バレーボール代表のキム・ヨンギョン、キム・ヒジン、オ・ジヨン、ヨム・ヘソン、イ・ソヨン、アン・ヘジン、パク・ウンジンが『ランニングマン』に出演した。キム・ヨンギョンとキム・ヒジンの登場にキム・ジョングクは「パフォーマンスは確かだ」と満足感を示した。ユ・ジェソクは「キム・ヨンギョン選手が入ってくる時、グァンスのような感じがした」と話した。 これに対しキム・ヨンギョンは「そんなことをよく言われる」と答えた。続いて「イ・グァンスさんの空席を埋める」と覚悟を話した。

ユ・ジェソクは「『ランニングマン』のオファーがあった時、後輩と団体で出演したいと言っていたと聞いた」と明らかにした。キム・ヨンギョンは「自分の口から言うのが恥ずかしい」と切り出した。キム・ヨンギョンは「他の番組からもオファーがあった」とし「選手たちは『ランニングマン』のファンなので半分に分けて出演した。残りの選手は別の番組に出演した」と明らかにした。

ユ・ジェソクは「ヤン・ヒョジン選手とキム・スジ選手に会ったが、スジさんは「『ランニングマン』に出演したかったが、ヨンギョンが分けた」と話した」と話した。これに対しキム・ヨンギョンは「好きなようにしてあげた、試合に出場できなかった選手にも機会を与えたくて分けて出演した」と明らかにした。続いて「なぜなら出演する人だけが出演する。代表的にキム・ヒジン」とし「実は五輪の時はあまりやったことはない」とディスって笑いを誘った。

ユ・ジェソクは「ソヨン選手は『ランニングマン』が好きだ」と話した。イ・ソヨンは「一番好きな番組だ。株編が一番面白かった」とファンであることを認めた。ユ・ジェソクは「キム・ヨンギョン選手は小言を言うのか?」と聞いた。イ・ソヨンは「ほとんど言わない」としながらも「たくさん笑えと言う」と暴露した。これに対しキム・ヨンギョンは「笑ってこそ雰囲気が良くなる」と釈明した。

アン・ヘジンは、「バレーボール界のシン・ミナ」というニックネームについて説明した。「ファンの皆さんから「奨忠(チャンチュン)シン・ミナ」と呼んでもらった」と話した。これに対しキム・ヨンギョンは「どう思う? 違うよね?」と攻撃した。続いて「口を開くと半端ない。私よりもひどい奴らだ」と付け加えた。 それでもアン・ヘジンは「(シン・ミナと)似てますよ」と冗談交じりに言った。

一方、バレーボール代表チームの選手たちと『ランニングマン』のメンバーたちは、「2022ランニングリーグ」の新人ドラフトに参加した。オ・ジヨンをめぐって、ユ・ジェソクとキム・ジョングクは同じ金額を提示した。オ・ジヨンは「他の選手より運動神経が優れている」とアピールした。結局、オ・ジヨンはキム・ジョングクチームに合流した。

ユ・ジェソクは12万ウォンを提案した。これに対しキム・ヨンギョンは「年俸交渉をするつもりで提示したんですか?」とし「反応を見られるのが好きではない」とユ・ジェソクに話した。ユ・ジェソクは13万ウォンに修正した。キム・ジョングクは「キム・ヨンギョン選手が実力はあるが不便だ」として13万ウォンに値切った。これに対しキム・ヨンギョンは「私の3万ウォンをヤン・セチャンさんに差し上げて、みんなで合流したい」と提案した。結局、キム・ヨンギョン、パク・ウンジン、ヤン・セチャンはユ・ジェソクチームに合流した。

キム・ヒジンは最高速度を記録しユ・ジェソクとキム・ジョングクの関心を集めた。これに対してキム・ジョングクは最高額の17万ウォンをキム・ヒジンに提案した。そこでキム・ヒジンは「キム・ジョングクチーム」を選んだ。ア・ヘジンとヨム・ヘソンはユ・ジェソクチームに合流した。

キム・ヨンギョン、ヨム・ヘソン、アン・ヘジン、パク・ウンジン、チョン・ソミン、ヤン・セチャンのユ・ジェソクチームとキム・ヒジン、イ・ソヨン、オ・ジヨン、チ・ソクジン、ハハ、ソン・ジヒョのキム・ジョングクチームは足球対決を繰り広げた。 キム・ジョングクの連続ミスでユ・ジェソクチームは有利な位置を占めた。

ユ・ジェソクチームはヤン・セチャンとユ・ジェソクのミスで点数を失った。キム・ジョングクとハハはキム・ヨンギョンを挑発した。これに対しキム・ヨンギョンは会心のサーブを打って来週の活躍を予告した。

『ランニングマン』は韓国のスター達がゲームやミッションを一緒にしながら笑いを誘うバラエティ番組である。毎週日曜日の午後5時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソク・フンチョル客員記者
  • 入力 2021-09-26 18:31:47