2PMテギョンが王命を受けて涙…コメディ時代劇「御史とジョイ」ティーザー映像公開


  • tvN

『御史とジョイ』でテギョンが涙なしには見ることができない切ない御史になることが予告された。

11月に韓国で放送予定のtvN15周年特別企画『御史とジョイ』(演出ユ・ジョンソン、脚本イ・ジェユン)側は28日、朝鮮八道を揺るがす常識破りな御史(王の命令で地方に派遣された役人、地方官の監視や不正を取り締まった)の誕生を知らせる2次ティーザー映像を公開した。行方不明は基本、命はオプションの危険な暗行御史の茨の道を無事に乗り越えていくことができるのか、期待が集まる。

『御史とジョイ』は不本意にも御史になってしまった見た目だけは立派な美食家の坊っちゃんと幸せを探して突進する朝鮮時代の棄別婦人(離婚した女性)の陽気なコミカルカップル捜査ドラマだ。出世さえ面倒なインドア派のラ・イアン(テギョン)と時代を先行き、もどかしい慣習をぶち壊す「ブルドーザー」本能を持つキム・ジョイ(キム・ヘユン)の新鮮なコンビプレーが次元の違うコメディ時代劇の誕生を期待させる。

何よりも笑いを担当する「御史コンビ」テギョンとキム・ヘユンの出会いに期待が集まっている。コメディ時代劇に初挑戦するテギョンは成り行きで暗行御史になった「イアン」役を引き受ける。お昼休み死守、定時退勤厳守がモットーである「マンネリズム最高レベル」の公務員のように見えるが、実は首席で合格した意外なエリートだ。予定になかった暗行御史に任命されてこじれた未来に、ブルドーザー女のジョイまでが登場し、彼の人生は刺激的でハチャメチャ(?)になっていく。キム・ヘユンは幸せを見つけるために突進するバツイチ女性「ジョイ」を引き受けた。儒教の聖地で「離婚」を叫んで第2の人生を夢見る力強い女性ジョイがイアンと会って、新しい翼を手に入れ飛翔を始める。

この日公開された2次ティーザー映像には真夜中に青天の霹靂のような王命を下されたイアンの驚いている姿で始まる。「暗行御史」に任命するという青天の霹靂に動揺を隠せないイアン。彼の頭の中には過去の噂が走馬灯のように過ぎ去る。「最初の御史は便りが途絶えたと聞いた。次の御史は姿を隠したと聞いた…最後の御史は行方不明!」という言葉で茨の道が続くことを予告する。行方不明は基本、命の保証はオプションの暗行御史の道を進むことになったイアン。「よりによって私が御史だなんて」と涙まで流す彼の切ない姿が笑いを誘う。ふらつく第一歩で始まった「捜査ショー」が果たして朝鮮八道をどのように揺るがすことになるのか期待が集まっている。

一方、tvN15周年特別企画『御史とジョイ』は来る11月に韓国で初放送される。

  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-29 10:12:44