キム・ユネ、オカルト映画「ザ・シーン」の主演に抜擢


  • スタートゥデイDB

女優のキム・ユネがホラークイーンへの挑戦に乗り出す。映画『ザ・シーン』を通じてだ。

4日にクランクインする映画『ザ・シーン』はオカルト映画で国内映画祭はもちろんシッチェス映画祭とブリュッセル国際映画祭を目標に企画された。

キム・ユネは劇中でヒロインのシヨン役を演じる。

シヨンは有名な演出家から現代舞踊を素材にした実験映画の主人公役のオファーを受けて撮影場に向かう途中、恐ろしい事件に巻き込まれることになる。科学的に説明できない奇異な現象とおぞましい事件の展開で私たち人間が背負った「原罪」に関する話を扱った。

キム・ユネは最近、放送が終了したtvN『ヴィンチェンツォ』で活躍し映画『愛してるから』、『怒った弁護士』などに出演した。

『ザ・シーン』は今月4日にクランクインし2022年に映画館とOTTプラットホームで公開される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-10-01 10:56:46