コ・ヒョンジョンやチョ・インソンの所属事務所が収監中パク元大統領の私邸を購入


  • 俳優チョ・インソン / スタートゥデイDB

俳優のコ・ヒョンジョンやチョ・インソンなどが所属する芸能プロダクションのIOKカンパニーが公売入札にかけられたパク・クネ元大統領の私邸を購入したことが分かった。

6日、「週間朝鮮」の報道によると、IOKカンパニーは9月16日に裁判所の競売を通じてパク元大統領のソウル市瑞草区にある私邸の土地と建物を落札し、10月1日に所有権の移転も終えた。落札価格は38億6400万ウォンだ。

この過程をよく知るある議員は、このメディアに「企画会社の社長がパク元大統領と直接知り合いではなく、私と知り合いだ」とし「パク元大統領の事情が気の毒で購入したと聞いている」と明らかにした。

これと関連してIOKカンパニー側は同日、毎日経済スタートゥデイに「確認できない」と明らかにした。

この建物は13年前の2008年に保存登記された一戸建て住宅で、パク元大統領はこの私邸を去る2017年に28億ウォンで購入した。邸宅購入時、朴元大統領はすでに収監中だったことから私邸に実際に居住したことはない。

検察は最高裁で懲役20年に罰金180億ウォン、追徴金35億ウォンを宣告されて収監されているパク元大統領が罰金と追徴金を自主納付しなかったことから、3月に私邸の差し押さえを執行した。

IOKカンパニーは俳優コ・ヒョンジョンが2000年、弟と一緒に設立した個人事務所として始まり、会社を拡張して2006年にコスダックに上場、2015年に社名をIOKカンパニーに変更した。IOKカンパニーは数回にわたる所属事務所の吸収・合併とサンバンウルグループ系列会社編入過程などを経た。俳優コ・ヒョンジョン、チョ・インソン、歌手チャン・ユンジョン、タレントのイ・ヨンジャ、チ・ソクジン、ホン・ジンギョンなどが所属している。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-06 13:35:07