「YGボイコット」BLACKPINKリサだけが姿を見せずファンが事務所に怒り


  • スタートゥデイDB

グループBLACKPINKのタイ人メンバーであるリサが2022春夏のパリファッションウィークでイベントに姿を見せず、一部のファンが不満の声を上げている。

6日(現地時間)、香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は「なぜBLACKPINKのリサはYGエンターテイメントから「虐待」を受けているのか。ファンはリサがパリのファッションウィークに参加できないと伝えると、ボイコットを始めた」というタイトルの記事を公開した。

報道によると、ファンたちは最近、フランスで開催された高級ブランドのブルガリのファッションウィークイベントにリサが出席しなかったことに対して不満を爆発させているという。

ブルガリのCEOがSNSに「リサがヨーロッパに来たが、残念ながら所属事務所側がコロナを理由に参加を見合わせたいという意思を表明してきた」とコメントした。

しかし、リサを除くジェニー、ロゼ、ジスがファッションウィークのイベントに参加したことから物議になった。ファンたちは、リサが他のメンバーのようにフランスのパリに滞在しており、セリーヌ、ブルガリなどの広報大使であるにも関わらず、ファッションウィークに参加していない点などを理由に挙げて冷遇されていると主張している。ファンたちはまたリサが昨年、人種差別と殺人の脅迫、元マネージャーによる10億ウォン台の詐欺にあったことなどに言及し「保護を受けていない」と主張した。

これにリサのファンたちは「YGエンターテイメントを離れてソロで活動してほしい」と要求したり、リサが姿を見せる頻度が少ないなら、YGエンターテイメントをボイコットしてBLACKPINKの支持を中断すると明らかにした。

それだけでなく、ファンたちはSNSに#BeFairToLISA(リサにも公正に)、#YGLetLisaDoHerWork(リサに仕事をさせろ)などのハッシュタグをつけてコメントを投稿するなど、積極的に不満を吐露している。

ファンの不満が高まっているが、これと関連してYGエンターテイメント側は公式コメントを出さずにいる。

一方、リサは先月ソロアルバム『LALISA』を公開した。「LALISA」のミュージックビデオは公開されてから1日にして7360万回の再生回数を記録し、YouTube24時間視聴部門でソロアーティスト世界最高記録を更新した。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-08 10:17:50