GOT7ジニョン、映画「クリスマスキャロル」の主演に抜擢


  • BHエンターテイメント

グループGOT7のメンバージニョンがキム・ソンス監督の新作『クリスマスキャロル』の主演に抜擢された。

映画は双子の弟の死に復讐するために自ら少年院に入った双子の兄を扱った話で、避けられない少年院で繰り広げられる復讐劇がもたらす現実的なアクションと心理スリラーを描く。『列外人種残酷史』、『メイド・イン・カンナム』などを執筆した作家チュ・ウォンギュの同名小説を原作とする。

ジニョンは劇中で双子の兄弟チュ・イルウとチュ・ウォルウを担当し1人2役を演じる。ジニョンは「撮影を控え、期待感とプレッシャーが共存している。原作がある作品なだけに、キャラクターをうまく表現するために最大限一生懸命取り組みたい」と感想を伝えた。

映画『美しき野獣』、『無名人』の後、OCNドラマ『君を守りたい ~SAVE ME~』シーズン1を演出したキム・ソンス監督は自ら脚本を執筆した。制作はヨン・サンホ監督のアニメーション『ソウル・ステーション/パンデミック』、韓国とアルゼンチンの合作映画『ライオンズデン』、『カランチョ』、キム・ギドク監督の『息』、『うつせみ』などを共同制作し300本以上の映画の海外配給会社として知られるFINECUTが共同で行う。

映画『哭声/コクソン』、『7番房の奇跡』、『偽りの隣人 ある諜報員の告白』、ドラマtvN『謗法』など作品性と大衆性を兼ね備えた作品として認められたイム・ミンソププロデューサーと国内外の数多くの広告キャンペーンを成功裏に率いているPlanit Productionのイム・ジヨン総括プロデューサーが共同で設立した制作会社ブループランイットと共同制作し息を合わせる。

今年、釜山アジアンプロジェクトマーケット(APM)にも選ばれた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-10-08 09:55:47