「放送時間帯に合わせてキスシーンの濃度を調節」チ・ヒョヌが撮影の秘訣を伝授


  • KBS 2TV

『屋根上部屋の問題児』に俳優のチ・ヒョヌが出演してキスシーンのノウハウを伝える。

12日に韓国で放送されるKBS 2TVのバラエティ番組『屋根上部屋の問題児』では「キスシーン職人」という異名を持つチ・ヒョヌが屋根上部屋を再訪問して自分だけのキスシーン演技の秘訣を公開する予定だ。

前回のコ・ドゥシムとの出演に続き屋根上部屋を再び訪れたチ・ヒョヌは今回は新しいドラマの相手役である後輩俳優イ・セヒと登場した。前回出演した時よりもさらに明るい表情で関心を集めた。

これにメンバーたちは「コ・ドゥシムと出演したときには後半に入ってからようやく笑ったが、登場から笑っている」、「明るいチ・ヒョヌは初めてだ」とチ・ヒョヌを追い詰めて彼を当惑させた。

これまで様々な作品で「名品キスシーン」を披露して「キスシーン職人」と呼ばれるチ・ヒョヌが最も記憶に残るキスシーンを明らかにした。彼は「チェ・ガンヒと一緒に撮影した『マイスウィートソウル』のキスシーンが記憶に残っている」、「監督が映画監督出身なので、もう少し繊細にリアルに撮った」と答え、スタジオの視線を集中させた。

続いてチ・ヒョヌは放送時間帯別にキスシーンの撮り方が違うと明らかにしてメンバーたちの関心を集めた。彼は「全年齢層が見る週末ドラマでは不快にならないように濃度を調節し、ミニシリーズを撮る時は実際の恋人たちがするように見せようと努力する」と「ラブコメ専門家」らしい特別なノウハウを明らかにした。

イ・セヒはキスシーン撮影前の準備物を明らかにして「歯ブラシ、うがい薬、ガムのすべてを準備する」と明らかにして注目を集めた。イ・セヒは、最初のキスシーンについて明らかにしながら「キスシーンが初めてだったのに、相手俳優には訳もなくそうではないふりをした」とビハインドストーリーを公開して笑いを誘ったという。

チ・ヒョヌが伝える興味津々なキスシーンの裏話は12日午後10時50分に韓国で放送されるKBS 2TV『屋根上部屋の問題児』で確認することができる。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-12 10:19:21