「偽りのガン闘病」疑惑浮上の歌手チェ・ソンボン、漢江でライブ配信中に警察沙汰に


  • チェ・ソンボン

偽りの癌闘病疑惑に包まれた歌手チェ・ソンボンが後援金を返金すると明らかにしながらも「6万ウォンしかない」と主張した。

チェ・ソンボンは去る12日午後2時頃、漢江と推定される場所でYouTubeのライブ配信を進行して、警察が出動する騒動を起こした。

この日、チェ・ソンボンは「数日間、数々の悪質なコメントに苦しめられた。憂鬱とパニック、自殺の衝動をたくさん感じた」と涙を見せながら「2011年、オーディションでの準優勝から2週間後に極端な選択しようとした時も生きようともがいた。しかし、もはや私の運命はここまでだと思う。これまで私のために気を遣っていただき、大切にしてくださった多くの方々に心から感謝を伝える」と話して自ら命を絶つことを示唆した。

しかし、まもなくサイレン音とともに警察と救急隊員と推定される人物が接近する音声が聞こえ、ライブ配信は中断された。チェ・ソンボンのライブ配信を見ていたネットユーザーが通報をしたと推定される。

以後、チェ・ソンボンは同日午後9時頃、自分のファンカフェに「こんにちはチェ・ソンボンです」というタイトルでコメントを投稿した。

このコメントでチェ・ソンボン「まず、物議をかもして心痛を抱かせてお詫び申し上げる。大切な後援金を返してほしいという会員には当然お返しする」と明らかにした。

その一方で「しかし残念ながら現在、私が持っているお金は6万5480ウォンだ。何とか準備して後援金を差し上げてから去りたい」とし「失望させて申し訳ない」と付け加えた。

一方、2011年に放送されたtvNのオーディション番組『コリア・ゴット・ タレント』シーズン1で準優勝して名前を知らせたチェ・ソンボンは、これまでステージ3の大腸がんをはじめとし、前立腺がん、甲状腺がんの判定を受けて病院に入院していると明らかにしてきた。しかし最近、アルバム制作費である10億ウォンを集めるためにクラウドファンディングを進行する過程で「偽りのがん闘病」疑惑が浮上した。

  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-13 09:04:27