キム・ヨンジェ「財閥家の末息子」出演決定 ソン・ジュンギの父親役


  • ULエンターテイメント

俳優キム・ヨンジェが出演を確定した『財閥家の末息子』でソン・ジュンギと呼吸を合わせる。

キム・ヨンジェの所属事務所ULエンターテイメントはキム・ヨンジェがJTBCの新しいドラマ『財閥家の末息子』(演出チョン・デユン、脚本キム・テヒ、チャン・ウンジェ、制作JTBCスタジオ、レモンネイン)に合流したと伝えた。

『財閥家の末息子』は財閥の総帥一家のオーナーリスクを管理する秘書のユン・ヒョヌ(ソン・ジュンギ)が財閥家の息子チン・ドジュンになり、2回目の人生を生きるファンタジードラマで、同名のウェブ小説を原作とする。

キム・ヨンジェは劇中、チン・ドジュンの父チン・ユンギ役を引き受けた。チン・ユンギはスニャン家の末の息子で、いつも穏やかな表情のスイートガイであり、他人への気遣いが身についている優しい人物。スニャン家の他の兄弟たちが動物性だとしたら、チン・ユンギは植物性の草食男で、キム・ヨンジェは格別なファッションセンスに加え、すらりとしたビジュアルの「チン・ユンギ」として視聴者の注目をひきつける予定だ。

先立ってキム・ヨンジェはtvN『秘密の森2』とtvN『マウス』に出演して格別なキャラクター消化力で強烈な存在感を放ち視線を集め、最近放送中のtvN『ハイクラス』に続き、JTBC『工作都市』への出演の便りを伝えて縦横無尽な演技活動を続けている。『ハイクラス』ではスイートな夫と相反する秘密を抱える二つの顔を持つイ・ジョンウ役で活躍中であり、『工作都市』ではソンジングループの副会長であり、冷たく冷静な性格の「チョン・ジュンイル」役で全く違う顔を演技することを予告して、彼が見せる多彩な演技に期待が集まっている。

ジャンルを問わずに引き受けたキャラクターを200%消化してドラマに視聴者を引き込むと同時に作品を豊かにするキム・ヨンジェが『財閥家の末息子』に合流し、今後の活躍に注目が集まっている。

一方、JTBCの新しいドラマ『財閥家の末息子』は2022年に放送予定だ。
  • イ・ナムギョン MBNスター記者
  • 入力 2021-10-14 11:25:21