「ハピネス」ハン・ヒョジュ&パク・ヒョンシクのポスター公開 緊迫した表情


  • TVING

『ハピネス』のハン・ヒョジュとパク・ヒョンシクが日常の幸せを取り戻すために死闘を繰り広げる。

11月に韓国で初放送されるTVINGオリジナル『ハピネス』(演出アン・ギルホ、脚本ハン・サンウン、企画・制作スタジオドラゴン)側は14日、謎の恐怖に包まれたハン・ヒョジュとパク・ヒョンシクの姿がおさめられたデュオポスターを公開した。緊迫した表情と対比される青い空、取り合った手は2人が直面した危険と生存への興味をそそる。

『ハピネス』は近未来を背景に、階層社会の縮小版ともいえるマンションに隔離された人物たちの生存記を描いたニューノーマル都市スリラーだ。さまざまな人間群像が集まって暮らす大都市のマンションが新型感染症により封鎖され、広がる亀裂や恐怖、生存のための死闘と心理戦が緻密に描かれる。

ここに『青春の記録』『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』『アルハンブラ宮殿の思い出』『秘密の森』など、ジャンルを問わず繊細な演出の力を見せてくれたアン・ギルホ監督と『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』『グッドワイフ 彼女の決断』を執筆したハン・サンウン作家が意気投合した。心理スリラージャンルを一次元引き上げた『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』以来、再びタッグを組んだ2人が新しい次元のスリラードラマを誕生させると期待を集めている。

この日公開されたデュオポスターは妙な緊張感と恐怖心を抱かせる。追われるように走っていくユン・セボム(ハン・ヒョジュ)とチョン・イヒョン(パク・ヒョンシク)、振り向きながら何かを見つめる2人の表情は恐怖でいっぱいだ。青い空と克明に対比を成す危うい表情が平凡な日常に襲い掛かったリスクを感じさせ、サスペンスの雰囲気を高める。

特別な関係性を持ったユン・セボムとチョン・イヒョンに変身したハン・ヒョジュ、パク・ヒョンシクのシナジーにも期待がかかる。ハン・ヒョジュは早い状況判断力と決断力を持つ警察特攻隊戦術要員の「ユン・セボム」を、パク・ヒョンシクは賢くも愚直な刑事「チョン・イヒョン」を引き受けた。生涯の夢である「マイホーム」を手に入れて新築マンションに入居したユン・セボム、セボムの予想外な提案により一緒に暮らすことになったチョン・イヒョン。平和に満ちていた2人だったが、思わぬ危機に見舞われた。果たしてすべての日常を変えた感染症の正体は何なのか、ユン・セボムとチョン・イヒョンは押し寄せ続ける危機から生き残って日常を取り戻すことができるのだろうか。

『ハピネス』の制作陣は「平凡な日常の幸せを取り戻すための人々の話だ。封鎖されたアパート、未知の恐怖に包まれてお互いを疑って変わっていく人々の姿が興味深く描かれる」とし「「新型感染症」という変数が、私たちの避難所をどのように変えるのか、その中で繰り広げられるユン・セボムとチョン・イヒョンの特別な関係性と激しい死闘は別の楽しみを感じさせる」と伝えた。

一方、都市スリラー『ハピネス』は来る11月5日(金)夜10時40分にTIVINGとtvNで公開される。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-14 15:34:33