文化観光体育部「行政手続きが終わり次第、防弾少年団に7億ウォンを支払う」


  • スタートゥデイDB

文化観光体育部が、グループ防弾少年団(BTS)の大統領特別使節団の活動費を支給しなかったということについて「行政手続きが終わり次第、すぐに支給する計画だ」と明らかにした。

文化体育観光部は14日「海外文化広報院が国連公演前に防弾少年団と契約を締結した。先月20日の公演上映でサービスが完了し代金を支払うかどうかはすでに決まっている」とし「現在、後続の行政手続きも終わり、すぐに代金を支払う計画だ」と伝えた。

同日、国会文化体育観光委員会所属のキム・スンス国民の力議員は、海外文化広報院対象の国政監査で「防弾少年団に公演費7億ウォンが支給されたか?」と質問した。これに対しパク・ジョンリョル海外文化広報院長は「まだだ」と言った。

  • Big Hit Music

キム・スンス議員は「9月30日に青瓦台(チョンワデ)の関係者が支給されたと話し、タク・ヒョンミン青瓦台儀典秘書官もSNSと10月1日の放送で支給が完了したと言った」とし「青瓦台とタク・ヒョンミン秘書官は知っていながら全国民を相手に嘘をついたのか、それとも支給したと虚偽報告されたのか?」と指摘した。

活動費未払いの話が再浮上すると、タク・ヒョンミン秘書官はSNSに「(政府)手続き上支給決定が完了したとしても、お金を受け取るところが入金要請をしてこそ入金される」とし「些細な手続きと表現問題をめぐり、まるで嘘をついたように誤導するな」と反論した。

防弾少年団は先月18日、仁川(インチョン)国際空港から出発し20日に米国のニューヨークで開かれた第76回国連総会に「未来の世代と文化のための大統領特別使節」の資格で出席し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に続きステージに上がり、約7分間韓国語で演説し未来の世代への希望を強調した。21日には文在寅大統領とともに米国ABC放送のインタビューに参加し22日にはファン・ヒ文体部長官とニューヨーク韓国文化院展示会に参加した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-10-14 21:46:47