7万人が訪問の釜山国際映画祭、きょう閉幕式 イ・ジュニョクとイ・ジュヨンが司会


  • スタートゥデイDB

第26回釜山国際映画祭が10日間の航海を終えて、今日(15日)幕を閉じる。

閉幕式はこの日午後6時、釜山海雲台映画の殿堂野外劇場で俳優イ・ジュニョクとイ・ジュヨンの司会で進行される。

昨年は開幕式や閉幕式など、ほとんどの屋外イベントがキャンセルされ、オンラインで大幅に縮小して行われたものとは異なり、今年は防疫ガイドラインを守りながらほとんどのイベントが例年通りに行われた。俳優ソン・ジュンギとパク・ソダムが開幕式の司会を務め、雰囲気を盛り上げた。

  • ACEFACTORY

アン・ソンギ、チェ・ミンシク、パク・ヘイル、チョ・ジヌン、ユ・アイン、キム・ヒョンジュ、パク・ヒスン、ハン・ソヒ、オム・ジウォン、オ・ユナ、アン・ソンギ、コ・ミンシ、タン・ジュンサン、ナム・ヨヌ、イ・ジュヨン、ユ・ダイン、ソ・ヨンヒ、チェ・ヒソ、キム・テフン、チャン・ドンユン、リュ・ヒョンギョン、イ・ギホン、チョン・ヨビン、キム・ギュリ、ピョン・ヨハン、チョン・ジソ、アン・ボヒョン、イ・ハクジュ、ワン・ジナ、リュ・ギョンス、イエルなどがレッドカーペットを踏んだ。映画『パラサイト 半地下の家族』で全世界を魅了したポン・ジュノ監督も参加した。

今年の映画祭では70カ国の映画223本が上映された。映画祭中に感染者が一人発生したりもしたが、幸いなことに追加感染者はいなかった。

閉幕作は香港の伝説的な歌手で俳優アニタ・ムイの一代記を描いた『梅艶芳Anita』だ。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-15 13:53:08