aespa、米国People誌の「2021ライジングスター」に選定


  • SMエンターテインメント

グループaespaが米国『People』が選んだ「2021年に知っておくべきライジングスター」に名を連ねた。

米国の有名メディア『Peple』が13日(現地時間)、公式ホームページに「2021年『People』選定ハリウッドのライジングスターたち」15人を発表した中、aespaはK-POPアーティストとして唯一選ばれた。

『People』は「aespaは昨年のデビュー曲「Black Mamba」でチャート1位を占め、この曲のミュージックビデオはK-POPデビュー曲のミュージックビデオ史上最短期間で再生数1億回達成という歴史を作った」とし「今回は彼女たちだけのジャンルを収録した1stミニアルバム『Savage』を発表、グローバルスーパースターダムへの跳躍を狙っている」とaespaの活躍を紹介した。

aespaのメンバー、ジゼルは「韓国だけでなく全世界にファンがいるということを考えるととても素晴らしい、すべての方々と対面してツアーコンサートを開けることを心から願っている」と感想を伝えた。

aespaは16日の午前3時(韓国時間)に放送される米NBCの人気トーク番組『The Kelly Clarkson Show』に初出演する予定であり、世界の視聴者の注目を集めるものと期待される。

今月の5日に発売されたaespaの1stミニアルバム『Savage』は、国内の各種アルバム、音源チャートの1位はもちろん、iTunesのトップアルバムチャートで世界20地域で1位を占め世界的な人気行進を続けている。

SMエンターテインメント所属のaespaは、昨年11月にデビューした多国籍4人組グループでカリナ、ウィンター、ジゼル、ニンニンで構成されている。メタバース・ガールグループを標榜したaespaは、別の自我であるアバターに出会い新しい世界を経験するという世界観をもとに活動する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2021-10-15 09:45:14