BLACKPINK、「Lovesick Girls」ダンス映像の再生数が2億回突破


  • YGエンターテインメント

ガールグループBLACKPINKの「Lovesick Girls」のダンス映像が再生数2億回を突破した。

YGエンターテインメントによるとBLACKPINKの「Lovesick Girls」のダンス映像は、この日の午前4時3分にYouTubeの再生数が2億回を超えたという。

昨年10月の公開から約1年ぶりとなる。ミュージックビデオの本編だけでなく振り付け映像まで続く億台の再生数行進は、BLACKPINKならではの占有物に他ならない。実際、YouTubeに掲載されたBLACKPINKの計32本の億台再生数の映像のうち、2億回以上の振り付け映像だけで8本目だ。

「Lovesick Girls」はカントリー風のギターサウンドの上に叙情的なメロディーとBLACKPINKのパワフルなボーカルが加わった曲だ。頭が痛いようなジェスチャーや大きなハートを描く様子など愛に対する渇望、痛み、懐かしさを直観的に表現したポイントダンスが世界中のファンの心をとらえ根強い人気を博している。

「Lovesick Girls」の音源は発売当時、ビルボード「HOT100」で59位を記録しグローバルYouTubeソングトップ100チャートで2週連続1位となった。この曲が収録された『THE ALBUM』は米国ビルボード200と英国オフィシャルアルバムチャートで発売1週目ともに2位になった後、それぞれ10週、7週連続でランクインした。

BLACKPINKは今年、ソロプロジェクトを順次進め、グローバル音楽市場での独歩的立場を固めた。

最近、発表されたリサの1stソロアルバムのタイトル曲「LALISA」は計72か国のiTunseトップソングチャートで首位を獲得し2週連続グローバルYouTubeソングトップ100を獲得した。

彼女のアルバム収録曲「MONEY」も英国オフィシャルチャートシングルトップ100で59位、世界最大の音源ストリーミングプラットフォームであるSpotifyのグローバルチャートで7位まで上がり、18日にストリーミング1億回を突破し人気を博している。

BLACKPINKの「Lovesick Girls」のミュージックビデオも5億回まで約480万回を残している。 リサのソロデビュー後、BLACKPINKのYouTubeチャンネルのチャンネル登録者数は360万人近く増え現在6840万人以上で、この分野で世界アーティストトップだ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2021-10-19 08:30:59