ついにラ・ロッシュポゼまで 俳優Kキム・ソンホが広告から続々と姿を消す


  • スタートゥデイDB

恋人に中絶を勧めた人気俳優Kと疑われているキム・ソンホがドミノピザに続いてラ・ロッシュポゼの広告からも削除された。ブルーチップとして注目されていたキム・ソンホだったが広告界では急速に姿を消している。

19日、毎日経済スタートゥデイが確認したところによると、スキンケアブランドのラ・ロッシュポゼは広告モデルとしてキム・ソンホが登場した映像や写真を削除した。

ラ・ロッシュポゼはネイバー検索広告からキム・ソンホの写真をおろし、公式ホームページからも写真を相次いで削除している。YouTubeチャンネルで公開した広告映像も非公開に転換した。

ラ・ロッシュポゼは2月、キム・ソンホとキム・セロンをモデルに抜擢した。清潔な肌にえくぼの笑顔がきれいなキム・ソンホをモデルに抜擢、数日前までは広告のビハインド写真を公開していたが物議の後にはキム・ソンホを消去している。

先立って18日には、ドミノピザがやはり2月にタレントのシン・ドンヨプとモデルに抜擢されたキム・ソンホの写真と映像を消した。公式ホームページ、YouTube、インスタグラム、ツイッターなど、すべてのチャンネルからキム・ソンホの映像や写真を削除したり、非公開に設定した。

キム・ソンホはこの他にもオンラインショップやマスク、キャノンコリア、保険など、10余りのブランドの広告モデルとして活動中だ。先立って、俳優ソ・イェジが過去のいじめ問題やガスライティング疑惑などで物議をかもした当時に瞬く間に広告から姿を消したのと同じような速度でキム・ソンホも姿を消している。業界では確認の結果に基づいてキム・ソンホがかなり広告違約金を支払わなければならないとしている。

キム・ソンホの所属事務所SALTエンターテイメントはオンラインコミュニティにプライベートについての暴露文が投稿されたが、3日後の19日に公式立場を出して「当社は現在、匿名で投稿された文の事実関係を把握している」とし「事実関係がまだ明確に確認されていないため、もう少し待ってほしい」と伝えた。

20日に予定されていたtvNの週末ドラマ『海街チャチャチャ』終了インタビューも中止になった。

去る17日、あるオンラインコミュニティには「人気俳優Kの裏の顔、恥知らずな実体を告発する」というタイトルの暴露文が投稿された。Aさんは俳優Kが中絶を強要し、婚姻を口実にしたと主張して、その文章の真偽とKが誰なのかに関心が集まった。YouTuberのイ・ジンホは自身のチャンネルを通じて「俳優Kはキム・ソンホだ」というタイトルで15分ほどのライブ配信を行って実名に言及した。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-19 15:01:40