私生活で物議のキム・ソンホ、人気番組「1泊2日」から降板 撮影分は編集でカット


  • スタートゥデイDB

結婚をちらつかせて中絶を懐柔するなど私生活で物議をかもした俳優キム・ソンホ(36)が元恋人に謝罪した。レギュラー出演していたKBS2のバラエティ番組『1泊2日』からは最終的に降板する。

『1泊2日』の制作陣は20日、毎日経済スタートゥデイに「制作陣は最近物議をかもしたキム・ソンホの降板を決定した。すでに撮影された放送分については可能な限り編集して視聴者の方々の不快感を最小限に抑える計画」と明らかにした。続けて「これから最善を尽くして良い放送をする『1泊2日』チームになる」と付け加えた。

キム・ソンホの所属事務所SALTエンターテイメントの関係者もこの日「キム・ソンホが『1泊2日』から降板することにした」と発表した。

キム・ソンホの私生活が暴露されたのは去る17日、あるオンラインコミュニティに投稿された「人気俳優Kの二重的で恥知らずな実体を告発する」という文章を通じてだった。Aさんは俳優Kが婚姻をちらつかせたり違約金が発生するという嘘をついて妊娠したAさんが中絶するように仕向けたと主張して波紋を呼んだ。

キム・ソンホは暴露文が投稿されてから4日後に、所属事務所SALTエンターテイメントを通じて「彼女とは好感を持って交際していた。その過程で私の不覚と思慮深くない行動により彼女を傷つけた」とし「彼女に直接会って謝罪を先にしたかったが、まだ謝罪を伝えることができずにおり、その時間を待っているところだ。先にこのコメントを通してでも彼女に心から謝罪したい」と謝罪した。

一方、2009年に演劇でデビューしたキム・ソンホは『屋上部屋の猫』、『シャーロック』、『恋愛の目的』などを通じて「演劇界のアイドル」として活躍した。 2017年、KBS2ドラマ『キム課長とソ理事 ~Bravo! Your Life~』を通じてテレビドラマにデビューした彼は、『最強配達人~夢みるカップル~』、『トゥー・カップス〜ただいま恋が憑依中!?〜』、『100日の郎君様』などに出演して顔を知らせ、2019年に『1泊2日シーズン4』に合流して認知度を高めた。特に、昨年放送されたドラマ『スタートアップ』に続き最近終了した『海街チャチャチャ』に出演して今一番売れている人気俳優となった。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-20 12:02:30