予約販売された「海街チャチャチャ」フォトエッセイが出版中止に キム・ソンホ物議の影響で


  • tvN

俳優キム・ソンホが私生活を暴露され出演作から降板した中で、彼が出演したtvNドラマ『海街チャチャチャ』にも影響が出ている。

インターネット書店アラジンは20日『海街チャチャチャ』フォトエッセイ事前購入者に「11月30日に出版される予定だった『海街チャチャチャ フォトエッセイ』は出版社の事情で出版が中止された。予約販売期間中に購入された方には申し訳ない」という案内メッセージを送った。

『海街チャチャチャ』は歯科医師ユン・ヘジン(シン・ミナ)と街の何でも屋、ホン班長(キム・ソンホ)が潮の香りでいっぱいの海の町「コンジン」で描くヒーリングロマンスだ。10%以上の視聴率を記録し、OTTのNetflixなどでも高い順位を記録した作品だ。

主演俳優のキム・ソンホの普段のイメージとは異なる私生活での姿が暴露され、『海街チャチャチャ』に火の粉が飛んだ。キム・ソンホの私生活物議は去る17日、あるオンラインコミュニティに書き込まれた「人気俳優Kの二重的で恥知らずな実体を告発する」という投稿から始まった。 俳優Kの元恋人だと明らかにしたAさんは俳優Kから妊娠中絶をするよう仕向けられたと告白、暴露内容の真偽とKが誰なのかに関心が集まった。翌日、YouTuberのイ・ジンホはライブ配信で「大俳優Kはキム・ソンホだ」と主張し、実名に言及した。

シン・ミナ、イ・サンイ、チョ・ハンチョルなど『海街チャチャチャ』出演俳優たちは作品の人気に支えられ、今週中に気分よくインタビューを進行する計画だったが、主演俳優キム・ソンホが私生活で物議に包まれると、インタビューを相次いでキャンセルした。それぞれの所属事務所は内部事情によりインタビューを中止すると発表したが、結局はキム・ソンホに関する質問が出てくることを避けるためとみられる。

キム・ソンホは暴露の4日後にあたる20日、「私は彼女と良い感情で交際していました。その過程で私の不覚と思慮深くない行動により彼女を傷つけました」とし「彼女に直接会って謝罪を先にしたかったのですが、まだしっかりとお詫びをできずにおり、その時間を待っているところです。先にこのコメントを通じてでも、彼女に心から謝罪したいと思います」と謝罪した。

キム・ソンホの謝罪の後、元恋人Aさんは20日、オンラインコミュニティの投稿を一部修正して「私の投稿によって多くの方々に意図せず被害を与えたようで申し訳ありません」とし「私と彼の両方が心から愛していた時間があったのに、私の過激な文によって一瞬にして崩れる彼の姿に私も気分が良くありません。彼から謝罪を受け、互いに誤解した部分があったようです。これ以上、事実と異なる内容が知られたり、私や彼の話が拡大解釈・再生産されないことを望みます」と心境文を追加した。現在、暴露文の投稿は削除された状態だ。

キム・ソンホをモデルに起用した企業は広告を続々と非公開にし、「キム・ソンホ消去」に乗り出した。物議の後、ドミノピザをはじめ、フードバケット、キヤノンコリア、11番街、ラ・ロッシュ・ポゼなどがキム・ソンホの写真や広告映像を非公開に転換した。

キム・ソンホは『1泊2日』シーズン4のメンバーとしても大活躍していたが、私生活の暴露により『1泊2日』から降板することになった。映画『悲しき熱帯』『ドッグデイズ』『2時のデート』などの出演が白紙化された。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-21 09:32:35