スジ&チョン・ウンチェなどがCOUPANG PLAY「アンナ」に出演決定


  • マネジメントSOOP、KEYEAST、HODU&Uエンターテインメント、パク・イェヨン

スジが出演を確定したCOUPANG PLAYシリーズ『アンナ』が15日にクランクインした。

COUPANG PLAYの新シリーズ『アンナ』がスジ、チョン・ウンチェ、キム・ジュンハン、パク・イェヨンなどのキャスティングを確定し15日に初撮影に突入した。『アンナ』は些細な嘘から始まり全くの別人の人生を生きるようになった女の物語だ。

スクリーンデビュー作『建築学概論』で「国民の初恋」シンドロームを巻き起こし、映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』、ドラマ『バガボンド』、『スタートアップ』などスクリーンとブラウン管を行き来しながらヒット作を連続で披露した女優のスジが些細な嘘を皮切りに全く別人の人生を生きるようになったユミ役を演じ今まで見たことのない新しい姿を披露する。

ドラマ『客—ザ・ゲスト—』、『ザ・キング:永遠の君主』など独歩的な雰囲気で作品ごとに深みを増す八色鳥の女優チョン・ウンチェが他人に対する思いやりも悪意もなく優越な人生を楽しんで生きるヒョンジュを演じ、ユミと微妙な緊張感を形成する。

ここにドラマ『賢い医師生活』で正直でまじめな魅力を発散し視聴者にときめきを抱かせた俳優のキム・ジュンハンと人気の中で放送された『海街チャチャチャ』のワン作家役として熱い活躍を見せた女優のパク・イェヨンが、それぞれ並々ならぬ野望で目標志向的な人生を追求するユミの夫ジフンとユミが唯一信じて隣にいることを許す先輩ジウォン役として出演しドラマを盛り上げる。

多彩なキャスティングを完成させた『アンナ』は映画『エターナル』で演出力と作品性を認められたイ・ジュヨン監督が演出と脚本を担当し一層信頼を高めている。

イ・ジュヨン監督は作品について「『アンナ』は相対的剥奪感から始まった嘘で結局自分のアイデンティティと人生の一部を失った人の話」と説明した。

COUPANG PLAYのディレクター、キム・ソンハン氏は、COUPANG PLAYシリーズに『アンナ』を選んだ理由について「『アンナ』は何よりもストーリーの吸入力に優れている。イ・ジュヨン監督の風変わりな視線と繊細な演出で披露する女優スジの大胆な変身が期待される。2022年に誰もが注目すべき話題の作品になると確信している」と明らかにした。

『アンナ』の初撮影を始めたスジは「シナリオを読む時から『アンナ』に魅入られたように吸い込まれた。気持ち良い緊張感で準備に臨み、撮影日が一日も早く訪れることを首を長くして待っていた。イ・ジュヨン監督以外のスタッフの皆さんと一緒に、『アンナ』について多くの期待をお願いしたい」と感想を伝えた。

チョン・ウンチェは「台本の強烈さに魅了された。新しいキャラクターを披露することができて楽しみで魅力的な俳優、素晴らしい演出陣と一緒に作業することができて嬉しい」と明らかにした。

キム・ジュンハンは「台本を読むやいなや一緒にやりたいと思った。密度の高いストーリーに溶け込んでいる監督の視線は興味津々だった。

作品に参加することになり、感謝している」と伝えた。

パク・イェヨンは「素敵な作品に良い方々と一緒に参加できて光栄だ。良い結果に一助できるよう最善を尽くしたい」と明らかにした。

COUPANG PLAYシリーズ『アンナ』は2022年に公開される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-10-20 16:52:03