「春の日は遠くない」防弾少年団、オンラインコンサートで世界中のファンを励ます


  • Bit Hit Music

「春は遠くありません、みんな元気をだして」

グループ防弾少年団(BTS)が2年ぶりに蚕室(チャムシル)メイン競技場の舞台に立ち、全世界のARMYに贈り物のようなパフォーマンスを届けた。空っぽの客席だったが、世界中のARMYの音のない歓声は防弾少年団の新しいエネルギーになり、2時間30分のあいだ情熱をもやした防弾少年団は近づいているオフラインでの出会いを楽しみにしている。

防弾少年団は24日午後6時30分、オンラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」を開催した。今回のコンサートは昨年10月にライブストリーミング方式で「BTS MAP OF THE SOUL ON:E」を開催してから約1年ぶりのコンサートで、大規模スタジアム舞台は2019年10月に開催された「BTS WORLD TOUR 「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」THE FINAL」以来、2年ぶりの舞台だった。

マーチングバンドのパフォーマンスで世界を魅了した「ON」で華麗に火ぶたを切った防弾少年団は、「FIRE」、「DOPE」リミックスバージョンを次々と披露し、雰囲気を盛り上げた。最初のパフォーマンスを終えた後、RMは「舞台の上で踊ることが僕ららしいこと」と満足しながらも、「久しぶりなので体力的にきつくないとは言えない」と率直に語った。

  • Bit Hit Music

ジョングクは「大変ではあるけど、気分が良いのが何百倍にもなるので大丈夫だ」とし「舞台に立ちたくて個人でライブ配信をしながら室内コンサートを進行した。そのときも面白かったけど、メンバーたちと正式に舞台に立つことのほうがはるかにおもしろい」と興奮する気持ちを隠さなかった。

ただしVは思わぬ負傷で多数のステージパフォーマンスに参加しなかった。Vは「気持ちでは花道に飛び込んでいきたい。寂しい。僕がいなくてどうだったか。今後は体調管理をしっかりして、このようなことがないようにする。心配をかけて申し訳ない」と惜しい気持ちを伝えて謝罪した。

続く舞台は「DNA」、「Blue&Grey」「Black Swan」「血、汗、涙」「FAKE LOVE」などだった。公演は防弾少年団の専売特許ともいえるパフォーマンスに、実際の会場であってこそ見ることのできるLED効果をオンライン送出画面に加える「ビジュアルエフェクトビュー(VEV)」技術が加わり、リアルなシーンで完成された。

この日の公演のセットリストは他のコンサートとは異なり、個人パフォーマンスを排除してグループパフォーマンスで満たされた。舞台は「Life Goes On」「Boy With Luv」「Dynamite」「Butter」「Airplane pt.2」「BAEPSAE」 「Dis-ease」「Telepathy 」「Stay」「So What」など、様々なジャンルや雰囲気の曲へとつながった。

公演は無駄なくすっきりとしていた。大詰めには「Save ME」「IDOL」で最後の舞台を披露して物足りなさを感じさせたが、その後、UN演説映像を通じてアンコール舞台の開始を知らせた防弾少年団は「EPILOGUE : Young Forever」「Spring Day」を熱唱しファンに再び会いたいという意志を表わした。

  • Bit Hit Music

「Spring Day」まで終えた後、防弾少年団はマイクを握って語り尽くせなかった感想を打ち明けた。J-HOPEは「空っぽの競技場を見ると、僕の心も空っぽになった感じだ。2年前、この競技場で最後に皆さんと会った。今回の公演中、記憶が思い浮かんで新鮮な気持ちだった。多くの部分で比較されたりもした」とし「あの瞬間が恋しい」と伝えた。

個人舞台なしに7人のメンバーが一緒にすべてのステージを披露した所感も伝えた。J-HOPEは「僕ら7人のメンバーが全員で一緒に満たした舞台でコンサートを作ってみた。僕らにとっても大きな課題だった。大変な部分も多く、どうやってこの状況を続けるべきなのかという悩みがあった。魂を注ぎ込んで今回のコンサートを準備した」とし「これまで見守ってくださったファンの皆さんに感謝する。状況が徐々に良くなっていると感じている。「Spring Day」の歌詞の通り、近いうち皆さんに会うために走って行くから少しだけ待ってほしい。春が近づいているので元気を出してほしい」と付け加えた。

ジミンは「この競技場がとても広い。誰もいないから今もリハーサルをしているような感じだ。仕方のないことだ。今日はあまりにも頑張ったので、喉が早くからかれてしまった。皆さんが目の前に見えないので話をしてみても、どのような言葉を伝えればいいのかが分からない。もうすぐ会えそうだという気がするので、そのときに伝えきれなかった話をたくさん交わしたい。健康に気を付けて、幸せでいてほしい」とあいさつをした。

RMは「誰もいないところで感想を伝えるので気持ちが妙だ。実は今回のコンサートを準備しながら、本当に大変だった。このような時局が2年過ぎた。僕に残っている動力があるのかという疑問を持った。原動力が消えていく感じだった。全世界が共通して感じている危機」だとし、「克服しようと運動も始めて、新たな試みをたくさんした。今ではほぼ限界にきた」と打ち明けた。

  • Bit Hit Music

彼は「僕が何をする人なのか忘れてしまう状況が繰り返された。だから、今日をさらに待っていたようだ。5万人がいっぱいの場所で公演をすれば悟れるだろうと期待していた。少し惜しい。それでもこうやってまた皆さんにお会いできるなら動力は必要がない気もする。ARMYとの交流があれば持ちこたえることができる。十分だ」とし「実際に観覧するコンートのエネルギーと比較すると、非対面は半分も伝達されない。だから今日さらに過激にパフォーマンスした。エネルギーがお茶の間まで伝わることを願う。実際に会えば2倍以上だ。その日まで待っていてほしい」とオフラインでの出会いを楽しみにしていることを伝えた。

ジョングクは「「Spring Day」を歌いながら空席を見たが、涙が込み上げてきた。ARMYがいたら、すぐに涙があふれていただろう」と心境を表わした。ジョングクは「「情熱なしに生きるよりはむしろ死んだほうがいい」というモットーで生きてきたが、燃えていた芯が消えていくのが感じられた。そうやって何をするにも魂が抜けたように過ごしていたけど、舞台に立った瞬間に感じた」とし「この舞台をしてから早く皆さんの前に行かなければと思った。機会があれば地球の反対側にでも、どこにでも飛んでいく」と全世界のARMYたちに気持ちを伝えた。

公演前日、突然のふくらはぎの痛みにより、この日の多くの舞台に参加できなかったVは「物足りなさが大きい」と苦悩した心境を打ち明けた。Vは「とても悔しかった。練習をするときは「コンサートができれば幸せそうだ」と考えたが、座ってメンバーたちが踊るのをただ見ていること自体が惜しくて心穏やかではなかった」と伝えた。また「体の管理、心の管理をして、残りのツアーで見せられなかった姿を見せたい」とし「私が抜けた姿ではなく、7人でいっぱいに埋めた姿を見せる。ぜひこの場所でARMYとの思い出を作りたい」と決意を見せた。

  • Bit Hit Music

最後のアンコール曲は「PERMISSION TO DANCE」だった。防弾少年団は「最後の曲はこの公演のメッセージであり、BTSとARMYの切実な願いだ。それぞれの場所で踊っている皆さんを想像しながらパフォーマンスしたい。誰の顔色もうかがわずに、一緒に踊ろう。Shall We Dance?」と叫んだ。

一方、防弾少年団は今回のオンライン公演で新しいコンサートシリーズ「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」の第一歩を踏み出した。彼らは11月27日と28日、12月1日と2日に米国LAでオフラインコンサートを行う予定だ。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-25 00:57:36