「ワクチン2回目まで打ったのに」カン・イェウォン、新型コロナにブレークスルー感染


  • スタートゥデイDB

俳優カン・イェウォンが新型コロナウイルスの感染確定判定を受けて自宅で隔離中だ。ワクチン接種を終えた後に感染する「ブレークスルー感染」の事例だ。

カン・イェウォンの所属事務所J,WIDEカンパニーは25日、毎日経済スタートゥデイに「カン・イェウォンが21日に行われたコロナ検査では陰性の判定を受けたが、体調の悪化により23日に自発的に再検査を受けた結果、24日に感染の判定を受けた。ガイドラインに沿って家で隔離中だ」と明らかにした。

カン・イェウォンは新型コロナウイルスのワクチン2回目の接種まで完了した状態だったが、ブレークスルー感染した状況だ。カン・イェウォンは自身のインスタグラムストーリーに「みんな注意してください。2回目の接種までしたのに」というコメントと一緒にワクチン接種完了の証明書を公開した。去る8月19日にファイザーワクチンを打ったことが書かれている。

カン・イェウォンはJTBCの新ドラマ『一人だけ』の制作陣の勧告により、新型コロナウイルスの検査を実施して感染の判定を受けた。カン・イェウォンのスタッフたちも新型コロナウイルスの検査を受けたが全員が陰性の判定を受けた。『一人だけ』の撮影スケジュールとは重ならず、拡散にはつながらなかった。

一方、韓国政府は新型コロナウイルスのワクチン接種が急ピッチで進んでいることから、来月1日から「段階的日常回復(ウィズコロナ)」体制に転換する方針だ。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-25 16:50:54