ペク・ジョンウォン&ソ・ユジン夫婦、3人の子と通信会社の広告を撮影 モデル料全額寄付


  • U+

ペク・ジョンウォンとソ・ユジン夫婦が3人の子供と一緒に通信会社の広告を撮影した。モデル料の全額は「愛の実」社会福祉共同募金会に寄付する。

ペク・ジョンウォンとソ・ユジン夫婦は新型コロナウイルスの長期化によって低所得層家庭の児童及び青少年が学習格差と教育不平等を経験しているという話を聞いて「子供たちが本と親しくなれるようにしよう」という企画意図に合わせて、子どもたちと一緒に初めて家族が一緒に撮影し、通信会社の広告モデル料全額を寄付することを決めたという。

この寄付金は低所得家庭の児童青少年の奨学金と生計費および医療費支援などに使われる予定である。

ペク・ジョンウォンは数年間、新型コロナウイルス克服のための広告収益金寄付やシングルマザー家庭、医療費の支援、社会のいたるところの社会的弱者のための分かち合いを地道に実践している。

ソ・ユジンもやはりKBS2の『スーパーマンが帰ってきた』ナレーションと出演料全額寄付及び大韓赤十字広報大使活動を通じて毎年寄付と分かち合いを実践している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-10-25 14:49:08