BLACKPINK、英国で開催の国連気候変動会議で特別メッセージを伝える


  • YGエンターテイメント

ガールズグループBLACKPINKが世界中のリーダーの前で気候変動への危機対応を促す。

27日、所属事務所YGエンターテインメントによるとBLACKPINKは、世界のリーダーが集まる「第26回国連気候変動条約締約国会議(COP26)」で特別な映像メッセージを伝える。

「第26回国連気候変動条約締約国会議(COP26)」は来る10月31日から11月12日までの約2週間、英国のグラスゴーで開催される。約130カ国の首脳が参加し、温室効果ガス削減目標とパリ気候変動協定(地球温度上昇を2度以下、最大1.5度に抑えようとする共同目標)達成のための行動を議論する場だ。

BLACKPINKは11月1日と2日、ボリス・ジョンソン英国首相が主催する首脳会議(World Leader's Summit)で気候変動問題認識向上と環境保護を奨励する。また2015年にパリで宣言された約束を守り、今回COP26が機会を逃さないことを訴える計画だ。

  • YGエンターテイメント

BLACKPINKはCOP26の広報大使として気候変動に対する認識を高めるために努力してきた。

昨年12月には駐韓イギリス大使館と共に制作した映像('Climate Action In Your Area #COP26')を通じて地球を守るための旅程に参加した。この映像はイギリス、国連、フランスが共同主催した2020気候サミット(Climate Ambition Summit 2020)で公開され、当時のソーシャルメディアトレンドにランクインするなど影響力を発揮した。

それだけでなく最近、YouTubeオリジナルで行われたGoogleの「Dear Earth」(気候変動関連キャンペーン)にも参加して良い影響を与えた。BLACKPINKはこの時、全世界のファンに「気候変動認識改善を目指して一緒に努力しよう」というメッセージを伝え、自然の美しさを込めた感動的な舞台まで披露し、深い響きを感じさせた。

2016年にデビューしたBLACKPINK(ジス、ジェニー、ロゼ、リサ)は多数のヒット曲を抱える世界中で愛されるK-POPグループだ。YouTubeチャンネルの登録者数が現在6870万人と、全世界アーティストのなかで1位を記録しており、高級ファッションブランドのアンバサダーになるなどグローバルな影響力も相当だ。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-27 11:52:37