防弾少年団、オンラインコンサートを海外メディアが絶賛「最高のグループ」


  • Big Hit Music

グループ防弾少年団が今月24日に開催したオンラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」に海外の有力メディアが相次いで報道している。

イギリスの音楽マガジン『NME』はコロナ渦以前の防弾少年団の最後の大型スタジアム公演である「BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF' [THE FINAL]」を言及し「それ以来、防弾少年団は数多くの記録を作り主要ヘッドラインを占めており(各種)チャートのトップを記録した。しかし、これまで防弾少年団を完成させる重要な部分、つまり全席売り切れとなったスタジアムでパフォーマンスを披露する機会はなかった」と説明した。

『NME』は続いて「「PERMISSION TO DANCE ON STAGE」の公演が(ファンと)顔を合わせる再会の瞬間ではなかったが、防弾少年団は彼らの全てのエネルギーと真心を込めて満席の会場の熱気が感じられるようなステージを演出した。今回の公演は順調ではない人生の中でも変化し発展し何でもこなす防弾少年団の能力を再確認させたもう一つの事例」と評価した。

また、英紙『The Guardian』は「世界最高ポップグループのカリスマと自信」と題する記事で「防弾少年団は2013年のデビュー当時から様々なジャンルに挑戦してきたが、(「PERMISSION TO DANCE ON STAGE」公演では)各メンバーの強みを生かす方法でグループとしてのカリスマと自信を立証した」と、さらにグレードアップした舞台を好評した。

『The Guardian』はまた「防弾少年団は、これまで音楽業界でこれまで破られなかった記録を塗り替え、英語歌詞のポップであってこそ世界的な人気を得ることができるという観念を打破した。オンラインであれオフラインであれ、彼らの公演を観覧することで、私たちは根気、才能、情熱が彼らの今日を作ったことを知ることができる」と絶賛した。

アメリカのマガジンである『Teen Vogue』は「防弾少年団は今日最も感動的なライブ経験を披露するミュージシャンの一つだ。最近、開かれたオンラインコンサート「PERMISSION TO DANCEON STAGE」はこうした事実をもう一度立証した」と紹介し各ステージのコンセプトと構成について詳しく伝えた。

新ツアーシリーズの幕を開けた「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」はタイトルにも借用された防弾少年団の曲「Permission to Dance」のメッセージのように、どこにいても誰でも一緒に踊ることが許されたという喜びを込めたお祭りとなっている。今回のコンサートはライブストリーミング方式で行われ、世界197か国地域で視聴した。

一方、防弾少年団は11月27~28日、12月1~2日(現地時間)にアメリカ、ロサンゼルスのSoFiスタジアムで「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA」オフライン公演を開催しツアーを続ける予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-10-28 08:43:41