TOMORROW X TOGETHER、米国「People’s Choice Awards」に初ノミネート


  • People's Choice Awards

グループTOMORROW X TOGETHERがアメリカの「People's Choice Awards」に初ノミネートされた。

アメリカのテレビ局NBCとE!が現地時間の27日に公式ホームページで発表したところによるとTOMORROW X TOGETHER(スビン、ヨンジュン、ボムギュ、テヒョン、ヒュニンカイ)は今年の「People's Choice Awards」で「2021年の新アーティスト(NEW ARTIST OF 2021)」部門にノミネートされた。

この部門にはTOMORROW X TOGETHERの他にもThe Kid LAROI、Olivia Rodrigo、24k Goldn、Giveon、Bella Poarch、Tate McRae、Rauw Alejandroなど全世界的にZ世代から愛されるグローバルミュージシャンたちが名を連ねた。

特にTOMORROW X TOGETHERは「2021 People's Choice Awards」の防弾少年団の他に唯一受賞候補に挙がったK-POPグループで、ますます高まっている彼らのグローバルな地位をうかがわせる。

TOMORROW X TOGETHERは5月にリリースした2ndフルアルバム『混沌の章:FREEZE』と8月にリリースしたリパッケージアルバム『混沌の章:FIGHTOR ESCAPE』で完成度の高い音楽とパフォーマンスを披露し国内外のメディアから賛辞を受けた。彼らは全世界のZ世代の支持を受け各種グローバルチャートで注目すべき成果を収め名実共に「2021年グローバル大勢ボーイグループ」としての面貌を誇示した。

特に彼らは『混沌の章:FREEZE』で米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」で通算13週目にチャートインし、今年発売されたK-POPグループのアルバムの中で最長期間「ビルボード200」にチャートインしたアルバムというタイトルを守っている。

また、TOMORROW X TOGETHERが初ノミネートされた「People's Choice Awards」は12月7日に米国カリフォルニア州のサンタモニカで開かれる。40部門に対する投票は28日から11月17日の午後11時59分まで行われる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-10-28 15:16:58