J-Cera、脅迫疑惑に「やましくないのなら、法的手続きを進めてどうぞ」


  • J-Cera SNS

「性的暴行脅迫疑惑」が浮上している歌手J-Cera(ソ・ジュハ)が法的に対応する意思を繰り返し表明した。

J-Ceraは31日、自身のインスタグラムに「録音ファイルを長々とした説明と一緒に公開されましたが。 編集した録音ファイルをアップロードしたようですね」とし「録音ファイルを編集した理由についてはよく知っていますが、長く説明する必要はなく明確な手続きのために録音ファイルの原本を証拠として送った状況です」と伝えた。

「やましくないのであれば予告したように法的手続きを進めてください。 私も進行中なので、明白に是非が問われるでしょう」と伝えた。

それとともに「事件処理が重要な事項なので一言でも控えているため、すでに不快ですし、すべて崩れてしまったので、これ以上の反論?釈明と関連したコメントはやめるつもりです」とし、「さらに明らかにして汚くなることに何の意味があるのでしょうか。 起こったことに対する処理は進行中なので、後に機会があれば最後の結果はまた公開します」と付け加えた。

今月28日、オンラインコミュニティには「有名歌手Jさんに脅迫されています」というタイトルの書き込みが掲載された。

その投稿文によるとJさんと作業を行い、親しくなったAさんはその後、Jさんの家でスキンシップをしている状態で告白され、これを断ったところ、その後に突然Jさんが「性的暴行を受けた」と主張して暴言や脅迫を行ってきたという。

Aさんはこれに対する証拠としてJさんと交わしたカカオトークの会話メッセージの一部を公開した。この会話にはJさんがAさんに親近感を覚え、自宅の暗証番号などを伝える内容が含まれている。

Aさんはその後「数カ月にわたるJさんの「ガスライティング」で疲れた」とし「Jさんが事実ではない記事を出すなら、その時は録音記録と監視カメラなどを公開する」と追加でコメントした。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-31 20:42:51