トップ > エンタメ > スターニュース > 防弾少年団やENHYPENが主人公のオリジナルストーリー始まる 来年公開へ

防弾少年団やENHYPENが主人公のオリジナルストーリー始まる 来年公開へ


  • 防弾少年団やENHYPENが主人公のオリジナルストーリー始まる 来年公開へ
  • HYBE

防弾少年団(BTS)が「HYBE」が新たに披露するオリジナルストーリーの主人公になる。

4日午前、2021年度「共同体と共にするHYBE会社説明会」がHYBEレーベルズの公式ユーチューブを通じてオンラインで公開された。

この日、HYBEはストーリー自体が一つのオリジナルIPとなる「オリジナルストーリー」事業を公開し、BTS、TOMORROW X TOGETHER、ENHYPENがコラボレーションするオリジナルストーリーを紹介した。

このうち、来年1月15日にNAVERウェブトゥーンのグローバルプラットフォームで公開される「7Fates:CHAKHO」はBTSが虎のハンターとして活躍する内容が描かれる。

「7Fates:CHAKHO」は韓国の説話の中に登場する捉虎甲士(チャクホガプサ、虎を狩るハンター)をモチーフにしたアーバンファンタジーで、シンシという都市に虎(ボム)という名の怪物が人間狩りのために移ってきたことから始まり、7人のハンターがチャクホという名で集まって展開される話を描く。

BTSは「腐敗して混乱した近未来都市を背景に、多様な活躍を見せる予定」と期待を高めた。

  • 防弾少年団やENHYPENが主人公のオリジナルストーリー始まる 来年公開へ
  • HYBE

この他にもTOMORROW X TOGETHERSがコラボする「THE STAR SEEKERS:星を追う少年たち」、ENHYPENがコラボする「DARK MOON:月の祭壇」も次々とローンチを控えている。「星を追う少年たち」は魔法の能力を持つ少年たちが秘密と戦っていく物語を描いた作品で、「月の祭壇」はヴァンパイアの少年たちの青春と友情、裏の物語を描いたファンタジーハイティーンストーリーだ。

HYBEのファンボ・サンウは「HYBEのオリジナルストーリー事業はこれまで音楽を通じてのみ見せてきたアーティストの姿を「ストーリー」というジャンルを通じて自由な形式のコンテンツに拡張するもの」とし「HYBEは「ストーリー」にアーティストをキャスティングする方式を適用し、HYBEのアーティストとコラボレーションしたウェブトゥーン、ウェブ小説、アニメーションなどのコンテンツを作り、様々なプラットフォームを通じて披露する計画」と明らかにした。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-04 10:34:13