チョン・イル、「高速道路家族」映画の撮影中に目を負傷


俳優のチョン・イルが映画『高速道路家族』(監督:イ・サンムン)の撮影中に目の負傷を負い休養を取っている。

チョン・イルの所属事務所、9Atoエンターテインメント側は5日、スタートゥデイに「チョン・イルが映画の撮影中に目の負傷を負った。現在、治療をすべて受け、安静にしている」とし「けががひどい状態ではない。回復でき次第、撮影現場に復帰する予定」と明らかにした。

『高速道路家族』は高速道路のサービスエリアに沿ってキャンプのようなホームレス生活をする家族と偶然彼らの手を握ることになった夫婦の出会いと新しい家族が誕生する過程を描いたヒューマンドラマ映画だ。

ドラマの中でチョン・イルは、家族だけは大切にする2児の父親であると同時に、家長役を演じて初の父親の愛を表現する演技に挑戦する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-11-05 16:03:18