ドラマ「紳士とお嬢さん」、視聴率30.5%を記録 自己最高記録を更新


  • KBS2

『紳士とお嬢さん」が自体最高視聴率を更新した。

8日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると今月7日に放送されたKBS2の週末ドラマ『紳士とお嬢さん』第14話は、視聴率30.5%(全国基準)を記録した。これは第13話の視聴率27.8%に比べて上昇した数値であり自己最高視聴率に当たる。

同日の放送ではパク・ダンダン(イ・セヒ)が自分の気持ちを告白し、イ・ヨングク(チ・ヒョヌ)と気持ちを確認しながら恋人になる姿が描かれた。

『紳士とお嬢さん』は自分の選択に責任を果たし幸せを求める貧しい「お嬢さん」と「紳士」が出会って起こる波乱万丈な話を描いている。毎週土日の午後7時50分に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-11-08 07:43:43