イ・ギュハン、暴行疑惑を釈明「命を懸けて暴行&暴言はしてない」


  • スタートゥデイDB

俳優のイ・ギュハンが暴行疑惑に悔しい気持ちを隠さなかった。

イ・ギュハンは8日、インスタグラムで「眠くないニュースをお伝えして気が重い」とし「2020年8月に起きたことが1年3か月が過ぎても私を苦しめている。今、私が言える言葉は僕は命をかけて暴行、暴言は何も言わなかった」と主張した。

イ・ギュハンは「今回のことでパニックがひどくなり一つ一つ対応できずにいる」とし「1日も早く嫌疑なしの処分を受け、また元気になり、その時も私に関心があれば直接お伺いし、これまでのことについてお知らせしたい」と決意を明らかにした。

イ・ギュハンは昨年8月、ソウル江南(カンナム)付近で酒に酔った状態で車に乗って移動中だった運転手と言い争いになった。運転手はイ・ギュハンに暴行されたと主張し江南(カンナム)警察署に正式捜査を要請する陳情書を提出した。2人の供述が食い違っているため捜査は長引き最近、検察に送致された。

最近、イ・ギュハンは出演が決まっていたJTBCドラマ『グリーンマザーズクラブ』やSBSドラマ『アゲイン・マイ・ライフ』を相次いで降板した。降板の背景に注目が集まるとイ・ギュハンはあるメディアとのインタビューで「特別な事件、良くないことで両ドラマから降板するのではない」とし「健康上の問題があるが症状が悪化したため」と明らかにしている
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2021-11-08 23:01:30