SMエンタ、少女時代テヨンに対する誹謗中傷に「明らかな犯罪行為、告訴進める」


  • スタートゥデイDB

歌手テヨンの所属事務所がネット上の誹謗中傷の一掃に動き出した。

SMエンターテインメント側は9日、公式SNSに「アーティスト保護のためにオンライン上で行われている違法行為と関連した資料を持続的に収集しており、法律代理人を通じて告訴状を提出している」と明らかにした。

続いて「当社所属アーティストのテヨンと関連して根拠のない悪意のある掲示物を掲載した者に対して検察、裁判所にて情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律違反罪(名誉毀損)などの容疑で罰金刑の処分が下された。このような措置にも依然としてオンラインコミュニティ、YouTubeおよびSNS、ポータルサイトなどにはテヨンに対する虚偽の事実および悪意的な非難、誹謗目的の投稿などが無分別に流布されている」と憂慮を示した。

また「これは個人の人格と名誉を毀損し、アーティストに精神的な苦痛を加える行為で、明らかな犯罪行為であることをもう一度申し上げる」とし、「随時対応とは別に最近急増した違法行為に対応するために集中的にモニタリング及び情報提供を受けつけて告訴を進めたい」と伝えた。

SMは「今後も所属アーティスト保護のためのモニタリングと法的措置に積極的に取り組み、各種の違法行為に対しては無寛容原則のもとで強力に対応していく」と付け加えた。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-09 16:01:58