イ・ジョンジェ「ファン・ドンヒョク監督、『イカゲーム』シーズン2を制作するべきです」


  • ARTIST COMPANY

『イカゲーム』のイ・ジョンジェがファン・ドンヒョク監督にシーズン2の制作を強く要請した。

今月8日、イ・ジョンジェの所属事務所ARTIST COMPANYの公式YouTubeチャンネルに「シーズン2?イ・ジョンジェが伝える『イカゲーム』のビハインド」というタイトルの動画が公開された。

映像でイ・ジョンジェは「『イカゲーム』シーズン2を制作するかどうかは私たちが撮影をしながらも監督に聞いてみた質問で、当時は『イカゲーム』というコンテンツ自体が本当に最善を尽くして作ったので、これ以上何かを書くのは簡単ではないという気がした」と明らかにした。

一方、イ・ジョンジェは「こんなに多くの方に好かれているのに『イカゲーム』シーズン2を作らないのは、恩をお返しできない雰囲気になったようだ。ファン・ドンヒョク監督、シーズン2を作るべきだ」と笑いながら話した。

映像制作陣がイ・ジョンジェに「多くの人が『イカゲーム』のビハインドを気にしている」と聞いた。

イ・ジョンジェは「ウィ・ハジュンさんが落ちたのか、本当に死んだのか、イ・ビョンホンがわざと死なないようにウィ・ハジュンの肩を撃ったのか、オ・イルナムが死んだのかなど『イカゲーム』を見た方々は絶えず想像しているようだ」と視聴者の推理力を高く評価した。

またイ・ジョンジェは「年が経つにつれて私を支えてくれて応援してくれるファンの皆さんがいるからこそ、これが僕の原動力だ」とファンに対する愛情を表した。

Netflix韓国のオリジナル『イカゲーム』は9月17日に公開されて以来、94か国で1位になった。456億ウォンの賞金がかかった「疑問のサバイバル」に参加した人々が最後の勝者になるために命をかけて極限のゲームに挑戦する話が盛り込まれた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・イェリン インターン記者
  • 入力 2021-11-09 16:43:57