キム・ヘス&ユ・ヨンソク、4年連続 第42回青龍映画賞の司会に


  • スタートゥデイDB

女優のキム・ヘスとユ・ヨンソクがもう一度「青龍映画賞のカップル」として出会う。26日の午後8時30分、汝矣島(ヨイド)のKBSホールで開催される「第42回青龍映画賞授賞式」のMCを務める。

女優のキム・ヘスは1993年の「第14回青龍映画賞授賞式」から今年で28回目を迎える。名実共に「青龍映画賞の象徴」となったキム・ヘスは、青龍映画賞と共に歩んできた時間と同じくらい卓越した進行能力と輝かしい知性、韓国映画に対する深い愛情で今回の授賞式の品格をもう一度担うものと期待される。

俳優のユ・ヨンソクは4年連続「青龍映画賞の男」として出演しキム・ヘスのそばを守る。第39回から第41回まで青龍映画賞で抜群の進行感覚とセンスのある話術で授賞式を導いたユ・ヨンソクなので今年も期待が高まる。何よりもキム・ヘスと4年連続青龍映画賞の司会者として共にしてきたので意味深い。2人の俳優がファンタスティックな呼吸で青龍映画賞を担うだけに今年も安定的でスムーズな進行が予想される。

キム・ヘスは「新型コロナで依然としてみんなにとって大変な1年だった。年を越して続いたパンデミックでこのまま永遠に映画館に足が遠のくのではないか、このまま映画も映画館も以前のように二度と戻れないのではないかと気をもんでいた時もあった。それでも胸の中に大きな熱望を植え付けてくれた映画があって待っていたかのように呼応してくれた観客がいた。絶望に打ち勝つために孤軍奮闘する皆に感謝する」と感想を伝えた。

ユ・ヨンソクは「今回の青龍映画賞でもキム・ヘス先輩と一緒にMCをすることができてとても嬉しい。今年は困難な中でも韓国映画界に良いニュースがたくさんあって映画を愛する1人として感動的な1年だったようだ。その場を輝かせた映画関係者や観客の皆様に深く感謝するとともに青龍映画賞が多くの方々のお祭りの場となるよう最善を尽くしたい」と抱負を伝えた。

「第42回青龍映画賞」は26日午後8時30分、汝矣島のKBSホールで開催されKBS2を通じて生中継される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-11-11 08:28:17