2PMジュノとイ・セヨンが本格的に登場 「赤い袖先」2話が視聴者を魅了


  • MBC

『赤い袖先』2話から本格的に登板したジュノとイ・セヨンが正体を隠したまま関係を急進展させる姿で視聴者たちをときめかせた。

14日に韓国で放送されたMBCの金土ドラマ『赤い袖先』ではイ・サン(ジュノ)とソン・ドクイム(イ・セヨン)がお互いへの誤解から始まり、可愛らしいいさかいの中でもしっかりと関係性を築いていく姿が描かれ、秋の夜をときめきで彩った。これに『赤い袖先』の最高視聴率は8.2%まで上昇した。また、全国視聴率は5.6%、首都圏視聴率は5.2%を記録した(ニールセンコリア基準)。

『赤い袖先』2話は青年になったイ・サンとソン・ドクイムの登場とともに不慣れながらも甘いロマンスが始まり、視聴者の心をくすぐった。また、ストーリーが先に進むほどにサンとドクイムの感情線の微妙な変化が密に描かれ、視聴者を2人のラブストーリーに引き込んだ。

さらにイ・サン役のジュノとソン・ドクイム役のイ・セヨンは完璧なキャラクター消化力をもとに愛らしいケミストリーを誇り、ストーリー展開とともにさらに深みを増す2人の俳優の呼吸にも期待感が高まっている。

一方、『赤い袖先』は自分が選んだ人生を守ろうとした宮女と愛より国が優先だった帝王の切ない宮中ロマンスだ。毎週金曜日と土曜日午後9時50分に韓国で放送される。

  • MBC

  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-15 09:29:03