NCT 127、12月にワールドツアー幕開け 高尺スカイドームでコロナ後初のコンサート


  • SMエンターテイメント

グループNCT 127が来る12月、韓国での単独コンサートを皮切りに2度目のワールドツアーを行う。

NCT 127の2度目のワールドツアーの幕開けを知らせる「NCT 127 2ND TOUR「NEO CITY:SEOUL - THE LINK」」がソウル高尺スカイドームで開催され、ソウルを皮切りに世界主要都市へと公演が続けられる。

今回の公演は2019年1月「NCT 127 1st Tour 「NEO CITY:SEOUL - The Origin」」以来、約2年11カ月ぶりに開かれるNCT 127の韓国内オフライン単独コンサートであり、高尺スカイドームで新型コロナウイルス以降約1年11カ月ぶりに行われるアーティスト公演として話題を集める見通しだ。

また今回のコンサートのチケット前売りはインターネット前売りサイト「イエス24」で可能で、11月19日午後8時にはファンクラブ先行予約が、11月23日午後8時には一般前売りが行われ高い関心を集めるものと予想される。

また、公演の最終日である19日にはコンサート会場を訪れることができなかった全世界のファンのために、NAVER V LIVEのBeyond LIVEチャンネルでライブが生中継され、オンオフラインの公演が同時に行われる予定だ。

一方、NCT 127は今年、3rdフルアルバムでカムバック、アルバムの売り上げ枚数が358万枚を超え、トリプルミリオンセラーを記録し、韓国でCDと音源チャート1位、音楽番組1位、米国「ビルボード200」7週連続チャートイン、英国、ドイツ、オーストラリア公式音楽チャートへのチャートイン、日本と中国のチャートで1位など各種グローバル音楽チャートを席巻して眩しい成長と人気を立証した。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-15 10:24:37