トップ > エンタメ > スターニュース > キム・ヨハン、新型コロナに感染 ドラマ「学校2021」の初放送が24日に延期

キム・ヨハン、新型コロナに感染 ドラマ「学校2021」の初放送が24日に延期


  • キム・ヨハン、新型コロナに感染 ドラマ「学校2021」の初放送が24日に延期
  • KBS

KBS2の新水木ドラマ『学校2021』の主演俳優のキム・ヨハンが新型コロナウイルスの確定判定を受け第1話の放送が今月24日に延期された。

『学校2021』の制作陣は14日、公式立場を通じて「『学校2021』の補助出演者のうち1人が11月13日に新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。すぐに全スタッフと出演者に対する検査を行った結果、キム・ヨハンは陽性と判定され、その他のスタッフと出演者全員は陰性と判定された」と明らかにした。

続いて「現在、キム・ヨハンは何の症状もない状態だ。アシスタント出演者とキム・ヨハンはいずれもコロナワクチン2次接種を終えて2週間が過ぎた状況で2人の間には密接な接触はなかった。感染者と密接に接触した人は防疫当局の指針に従い隔離を始めた」と説明した。

『学校2021』の制作陣は「初回放送の日程は1週間延期して11月24日に決定し、これによる制作発表会も1週間延期されることになった。出演陣と制作陣の安全確保と新型コロナウイルスの拡散防止に最善を尽くし、これ以上確定診断が出ないよう心血を注ぐつもりだ。ご心配をおかけして申し訳ない」と付け加えた。

一方、『学校2021』は受験競争ではなく他の道を選択した子供たち、曖昧な境界に置かれている18歳の若者たちの夢と友情、ときめきの成長期を描いた作品だ。当初は17日に初回が放送予定だったが、新型コロナウイルスの影響で24日に放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-11-14 16:16:39