トップ > エンタメ > K-POP > ATEEZ、2022年1月にワールドツアー「THE FELLOWSHIP」を全12都市で開催

ATEEZ、2022年1月にワールドツアー「THE FELLOWSHIP」を全12都市で開催


  • ATEEZ、2022年1月にワールドツアー「THE FELLOWSHIP」を全12都市で開催
  • KQエンターテインメント

グループATEEZが2022年、ワールドツアーの開催を確定した。

15日、ATEEZは公式SNSでワールドツアー「THE FELLOWSHIP : BEGINNING OF THE END」の開催を公式に発表した。

同日、公開されたポスターによるとATEEZは2022年1月、ソウルを皮切りにシカゴ、アトランタ、ニューヨーク、ダラス、ロサンゼルスまで米国の5都市を、2月から3月までアムステルダム、ロンドン、パリ、ベルリン、ワルシャワ、マドリードまで欧州6都市まで計12都市を訪問しグローバルファンに会う予定だ。

公演関係者は「今回のATEEZワールドツアー「THE FELLOWSHIP:BEGINNING OF THE END」を通じて、これまでさらに成長した実力と情熱を見せていきたいと思う。変わらぬ気持ちで待ってくれたファンの声援に応えるため悔いのないステージを作りたい」と伝えた。

2018年10月にデビューしたATEEZは約4か月ぶりに「ATEEZ-The Expedition Tour」で北米5都市とヨーロッパ10都市で全席完売を果たし、「グローバルアイドル」の礎を築き、2020年2月に発表した「ATEEZ World Tour The Fellowship: Map The Treasure」で当時K-POP史上単一ツアーとして最短期間で観客動員数10万人を達成し注目を集めた。

安定した世界観と完璧なライブ、舞台上での輝かしいパフォーマンスで実力を認められ成長を続けてきたATEEZは特に最近『ZERO:FEVER Part.3』で「ビルボード200」に42位でランクインしForbes、Rolling Stoneなど有力な外信から好評を受け全世界的な人気を立証した。

一方、ATEEZは14日、XRショー「FEVER : eXtended edition」を完了した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-11-15 14:34:13