トップ > エンタメ > スターニュース > 「ARMYだけが想像した大賞」防弾少年団、AMAで感激コメント SUGAは韓国語で

「ARMYだけが想像した大賞」防弾少年団、AMAで感激コメント SUGAは韓国語で


  • 「ARMYだけが想像した大賞」防弾少年団、AMAで感激コメント SUGAは韓国語で
  • スタートゥデイDB

グループ防弾少年団(BTS)が「2021アメリカン・ミュージック・アワード(2021 American Music Awards)」で大賞に該当する「アーティスト・オブ・ザイヤー」を受賞した。アジア歌手初の受賞だ。

防弾少年団は21日午後8時(現地時間)、米国ロサンゼルスにあるマイクロソフト・シアターで開かれた「2021アメリカン・ミュージック・アワード」(以下「2021 AMA」)で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」、「フェイバリット・ポップ・デュオ/グループ(Favorite Pop Duo or Group)」、「フェイバリット・ポップ・ソング(Favorite Pop Song/Butter)」などノミネートされた3つの部門のトロフィーをすべて獲得した。

このうち「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」は今年一年、全世界で愛されたポップスターの中から最高のスターに与えられる部門で、防弾少年団は同部門の受賞者として呼称されて名実共に最高のポップスターであることを証明した。

また「フェイバリット・ポップ・デュオ/グループ」部門は2019年から3年連続の受賞で格別な歩みを見せた。

この日の受賞直後、RMは「どんな言葉を伝えるべきか分からない。AMAに感謝する。このように驚くべきアーティストたちと舞台に一緒に上がることができるだけで光栄だ」と簡単に次の言葉を続けることができなかった。RMは「4年前、まさにこの舞台で「DNA」を初めてテレビライブ公演をしたが、その時は興奮しながらも緊張した。その後、長い旅を続けてきたが、誰も僕らがこの場でこの賞を受賞するとは想像できなかった。ARMY(ファン)だけが想像しただろう」と話した。

RMは「韓国から来た7人の少年が音楽への愛ひとつで団結してここまでやってきて、その旅にARMYが共にしてくれた。Big Hit、HYBEのすべてのスタッフにも感謝する」と話した。

SUGAは「4年前、AMAで米国デビューステージを飾ったが、こんなに大きな賞をもらうことになるとは思わなかった。ありがとう、ARMY」と韓国語の感想を伝えた。

ジョングクは「皆さんに僕らの音楽で幸せを届けたかった。この賞は僕らが開くことになる新しいチャプターの始まり」と英語で話した。それとともに「数年前に学んだことがあるとするなら、毎瞬間が本当に大切だということ」とし「2022年にも注目してほしい」と付け加えた。

防弾少年団はこの日、授賞式序盤に「フェイバリット・ポップ・デュオ/グループ」で呼称されたのに続き、ヒット曲「Butter」で「フェイバリット・ポップ・ソング」まで2部門の主人公になったのに続き、授賞式後半に発表された「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞まで成し遂げて、この日の授賞式の完璧な主人公になった。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-22 12:32:21