故ク・ハラさん、悲しい別れから2年 きょうから遺作のオークション開始


  • MKスポーツDB

グループKARA出身の故ク・ハラさんが天国に去ってから2年が過ぎた。

故ク・ハラさんは去る2019年11月24日、ソウル市江南区清潭洞の自宅で亡くなっているところを発見された。享年28歳。

故人は去る2008年にKARAに合流して芸能界にデビューした。韓国はもちろん日本などグローバルファンから愛された彼女は歌手活動だけでなく各種バラエティ番組などでも活躍した。

故ク・ハラさんは亡くなる前、親しかった故ソルリさんの訃報を聞いて悲しむ姿を見せてファンに心配されていた。ファンたちの慰めと応援のなかでも残念ながら故ク・ハラさんは故ソルリさんが亡くなってから42日後にこの世を去った。

当時、故人は生前の恋人だったチェ・ジョンボムさんと法的争い中だった。チェ・ジョンボムさんは去る2018年9月、ソウル市江南区にあるク・ハラさんの自宅でクハラさんとお互いを暴行した容疑で警察の調査を受けた。以後、ク・ハラさんはチェ・ジョンボムさんが「リベンジポルノ」を送りつけて脅迫したとし、強要・脅迫・性犯罪処罰法違反などの疑いで追加告訴した。生前、デート暴力やリベンジポルノなどの被害でうつ病に苦しんでいた故人。若くしてこの世を去った残念な悲報は芸能界を悲しみに浸らせた。

故ク・ハラさんがこの世を去ってから、遺族間の相続争いもあった。兄のク・ホインさんは親父の同意を得てク・ハラさんが9歳だった年に離婚して20年間連絡がなかった母親を相手に相続財産分割審判請求訴訟を提起した。

その結果、1審裁判所は昨年12月、ク・ハラさんを一人で育てた父親の寄与分を20%に定め、遺産分割を5対5から6対4に変えた。以後、ク・ホインさんは「ク・ハラ法」立法を公論化させた。「ク・ハラ法」は現行の民法に「直系尊属または直系卑属に対する保護・扶養義務を著しく怠けた者」を追加することを主な内容とする法案だ。

また、故人の兄のク・ホインさんはク・ハラさんが生前に描いた油絵作品10点をオークションに出す。今回のオークションはク・ハラさんが亡くなって2年を迎える24日から12月10日まで行われ、一日に1点ずつ合計10点がオークションにかけられる。当該収益金は非営利団体に寄付される予定だ。

一方、ク・ハラさんは2008年にグループKARAとしてデビューした。以後「Pretty Girl」「Honey」「Mister」「Mamma Mia」「Lupin」など、多数のヒット曲で愛された。2016年のKARA解散後は韓国と日本を行き来しながらソロで活動した。
  • キム・ナヨン MKスポーツ記者
  • 入力 2021-11-24 07:54:49