MAMAMOOファサ、1年5カ月ぶりにソロ曲発表 「アイデンティティを失い憂鬱だった」


  • ユ・ヨンソク記者

ソロ曲を発表したMAMAMOOのファサがコロナブルーを経験したと明らかにした。

ファサは24日午後、ソウル市広津区イェス24ライブホールで2枚目のシングルアルバム『Guilty Pleasure』発売記念ショーケースを開催した。

ファサのソロ曲は昨年6月に発売された最初のミニアルバム『Maria』以来、1年5カ月ぶり​​だ。ファサは「1年と5カ月間、多くのさまよう時期を過ごした。音楽をする私のスタイルを見た時、私を酷使させながらそこからさらなる楽しみを得ていた」とし「『Guilty Pleasure』というのが今の私の心境に合うようでアルバムのタイトルに選択することになった」と説明した。

タイトル曲「I'm a BIT」は濃厚なベースラインの上に自由に広がるトレンディなサウンドとともに、中毒性の強いフック、ファサのシグネチャーであるグルービーなボイスが一つによく編まれたパターンのように完璧な調和を成した曲だ。

今回のアルバムを通じて達成したい目標についてファサは「私はすでに達成したようだ」と答えて注目を集めた。ファサは「私はコロナの影響を受けないと思っていたが、ステージ上で観客たちとコミュニケーションする時間もなく、自分のアイデンティティをずいぶんと失っていた。私もとても憂鬱になっていた。私の職業が何で、何をする人だったのかと思って気持ちからダウンしていたが、今回のアルバムを準備しながらバランスを少しずつまた取り戻して、自分を再び見つけた感覚だ」と話した。

ファサは引き続き「アルバムを出すたびに自分との戦いのようだ。自分自身との戦いに勝ってこの場まで来たのではないかと思う」と笑って話した。

ファサの2枚目のシングルアルバム『Guilty Pleasure』はこの日午後6時、各種音源サイトを通じて公開される。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-24 13:26:16