防弾少年団「グラミー賞にもう一度、挑戦できる機会を作ってくれたARMYに感謝」


  • CBS

グループ防弾少年団(BTS)が「第64回グラミー賞(Grammy Music Awards)」で「BEST POP DUOGROUP PERFORMANCE」部門にノミネートされた感想を伝えた。

防弾少年団のジミンは24日、ファンコミュニティのWeversに「もう一度、挑戦できる機会を作ってくださったARMYの皆さんに心から感謝する」とし「変わらぬ大きな愛にもう一度感謝する」と書いた。

ジミンのコメントのほかにも防弾少年団は公式Twitterのアカウントを通じてファンに感謝を伝えた。防弾少年団は「(グラミー賞候補指名は)大きな光栄だ」とし「私たちの音楽を愛してくださる皆さんに感謝する」と明らかにした。

これに先立ち「グラミー賞」の主催側は23日(現地時間)、公式ホームページで行われたライブストリーミングを通じて計86部門の「第64回グラミー賞」受賞候補者リストを発表した。この日、防弾少年団は今年5月に公開された「Butter」で「BEST POP DUOGROUP PERFORMANCE」部門の受賞候補に選ばれた。

昨年、韓国のポピュラー音楽歌手としては初めて「第63回グラミー賞」で「Dynamite」で「BEST POP DUOGROUP PERFORMANCE」部門にノミネートされたのに続く2年連続の快挙だ。ただノミネートが有力視されていた「今年のレコード」部門には名前が入らなかった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-11-25 08:50:45