KBSの5年ぶり大河ドラマ「太宗イ・バンウォン」 メインポスターが公開


  • Monster Union

「韓国時代劇の名家」KBSが5年ぶりに披露する『太宗イ・バンウォン』がメインポスターを公開、視聴者たちの期待を最高潮に引き上げている。

来る12月11日に韓国で初放送されるKBS 1TVの新大河ドラマ『太宗イ・バンウォン』側は、強いカリスマが感じられるチュ・サンウクの姿をおさめたメインポスターを公開した。

『太宗イ・バンウォン』は、高麗という旧秩序を崩して朝鮮という新しい秩序を作っていった「麗末鮮初」時期、朝鮮の建国の先頭に立ったリーダーイ・バンウォンの姿に新たに注目して描いた作品だ。

俳優チュ・サンウクは劇中、朝鮮の3代目の王、太宗イ・バンウォン役を引き受け、これまでとは異なる観点から新たにイ・バンウォンの姿を描く計画だ。

25日に公開されたメインポスターには厳しさとカリスマが感じられる表情で正面を見つめているチュ・サンウク(イ・バンウォン)の姿がおさめられている。理想的な朝鮮を作るためのイ・バンウォンの固い意志をそのまま伝えている。

特に「家を越えて国へ、国家を再び考える」というフレーズは、これまで私たちが見逃したり知らなかったイ・バンウォンの話を知らせる『太宗イ・バンウォン』を予告し、ドラマに向けた期待を高めている。

『太宗イ・バンウォン』の制作陣は「混乱した高麗末から、世宗大王が成し遂げた泰平な世の中まで、すべてを貫通する人物はイ・バンウォンだ。新しい観点から見たイ・バンウォンの姿が一味違った楽しみとなる予定なので、多くの関心をお願いする。また、イ・バンウォンに完璧になりきったチュ・サンウク俳優の熱演を期待しても良い」と伝えた。

『太宗イ・バンウォン』は来る12月11日午後9時40分に韓国で初放送される予定だ。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-25 16:07:14